new onsen stay

渋温泉周辺の観光スポット11選
昔ながらの風情を感じられる温泉街や外湯などのおすすめスポットを紹介

開湯1350年、長い歴史がある渋温泉。外湯巡りをはじめとした温泉街の楽しみ方、周辺観光スポットをご紹介します。
古くから湯治場として親しまれてきた渋温泉。小林一茶、夏目漱石など多くの文人たちが訪れたと言われています。泉質の良さもさることながら、大正から昭和初期に建てられた木造建築が軒を連ねるレトロな街並みも魅力です。渋温泉周辺には散策にぴったりな観光スポットも多数点在。家族や友人など幅広い年代が楽しめる温泉地です。

更新日:2023/01/18

LINE Twitter Facebook

TOP PHOTO:©GoNAGANOアーカイブ記事
 

01 渋温泉 温泉街

訪れる人を時間旅行へいざなう日本を代表する温泉街


夜の温泉街は昼間とはひと味違った幻想的な雰囲気に包まれます ©GoNAGANOアーカイブ記事

湯巡りと一緒に楽しみたいのが、情緒あふれる温泉街での街歩きです。歴史的な木造建築物が続く風景を眺めながら街並みを散策。老舗和菓子店が作る素朴な温泉まんじゅうの食べ比べやお土産店めぐり、懐かしい射的場に、無料で遊べる卓球場など、楽しい発見があふれています。まずは「渋温泉旅行組合(観光案内所)」に立ち寄り、案内マップ片手にそぞろ歩きを楽しみましょう。
道がとても狭いので、車の運転には重々お気をつけください。また温泉街には駐車場がないので、車の場合は「渋温泉有料駐車場」をご利用ください。
温泉街マップ

石畳が続く温泉街を浴衣と湯下駄で散策するのがおすすめです ©GoNAGANOアーカイブ記事

【INFORMATION】

渋温泉中心部からの距離:徒歩すぐ
スポット名:渋温泉 温泉街(☞公式サイト
アクセス:上信越自動車道「信州中野IC」より車で約20分/長野電鉄「長野駅」より特急約50分、「湯田中駅」下車。「湯田中駅」よりタクシーで約5分。「上林行き」バス約7分、「渋温泉入口」または「渋温泉和合橋停留所」にて下車、徒歩約1分
住所(渋温泉旅館組合観光案内所):長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2112-1(Google Maps
電話:0269-33-2921(渋温泉旅館組合)
営業期間・時間(渋温泉旅館組合観光案内所):4月~11月:9時~18時、12月~3月:9時~17時
備考:車の場合は「渋温泉有料駐車場」に駐車。営業時間:7時~19時、料金:日帰り500円、宿泊800円

02 歴史の宿 金具屋

圧倒的な風格が漂う老舗旅館


アニメの物語に迷い込んだかのような希少な歴史的建築物 ©歴史の宿 金具屋

1758年創業。今や温泉街のシンボルとも言われる木造4階建て建築物。「木造四階建 斉月楼」と「金具屋大広間」は国の登録有形文化財に認定されています。館内のいたるところに歴史と名建築の名残が感じられます。源泉100%かけ流し、泉質、趣が異なる温泉を満喫できるのも支持が高い理由の一つです。

魅力的な宿はまだまだたくさんありますので、詳しくは下記をご覧ください。
渋温泉 宿泊施設一覧

3つの大浴場と5つの貸切風呂を完備。写真は同宿で一番古い源泉「浪漫風呂」 ©歴史の宿 金具屋

【INFORMATION】

渋温泉中心部からの距離:約2分
スポット名:歴史の宿 金具屋(☞公式サイト
アクセス:上信越自動車道「信州中野IC」より車で約20分/長野電鉄「湯田中駅」よりバス約10分、「渋温泉」または「和合橋」バス停下車徒歩約2分
住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏2202(Google Maps
電話:0269-33-3131

03 九湯めぐり

9つの外湯を全てめぐり満願成就


「祈願手ぬぐい」(350円)は各宿泊施設で購入可能 ©渋温泉旅館組合

地域が大切に守ってきた9カ所の外湯(共同浴場)。宿泊者にも開放し、湯巡りを楽しめる「九湯めぐり(厄除巡浴外湯めぐり)」。源泉、効能が異なる9つの外湯を「祈願手ぬぐい」にスタンプを押しながらまわり、最後に温泉街を見下ろす「渋高薬師」へ参詣し印受すれば満願成就です。“九(苦)労”を流し、厄除け、安産育児、不老長寿のご利益があるといわれています。宿泊者は全ての外湯に無料で入浴可能で、九番湯「渋大湯」のみ有料で日帰り入浴可能。九湯めぐりとあわせ、渋温泉特製の「いとをかし箱」という九つに仕切られた箱にお菓子などを入れ、お土産にできる「九“糖”めぐり」もおすすめ。

九糖めぐり
☞九糖めぐりに関する記事はこちら

六番湯「目洗いの湯」
渋温泉旅館組合観光案内所より徒歩約2分。その名のとおり、湯で目を洗って眼病を治したという言い伝えがあり、美肌効果もあると言われています ©渋温泉旅館組合

八番湯「神明滝の湯」
渋温泉旅館組合観光案内所より徒歩約1分。裏山にある神明山から湧出した源泉で、婦人病に効果的で「子宝の湯」とも呼ばれ親しまれています ©渋温泉旅館組合

九番湯「渋大湯」
渋温泉旅館組合観光案内所より徒歩約1分。日帰りの場合は「渋温泉旅館組合(観光案内所)」または「渋温泉有料駐車場」にて入浴券(500円)を購入し、近隣にある宿や土産店で鍵を受け取り入浴します。湯の色は茶褐色でサウナのような蒸し風呂も併設されています ©渋温泉旅館組合

【INFORMATION】

渋温泉中心部からの距離:徒歩1~4分
スポット名:九湯めぐり(☞公式サイト
アクセス:上信越自動車道「信州中野IC」より車で約20分/長野電鉄「長野駅」より特急約50分、「湯田中駅」下車。「湯田中駅」よりタクシーで約5分。「上林行き」バス約7分、「渋温泉入口」または「渋温泉和合橋停留所」にて下車
住所(渋大湯):長野県下高井郡山ノ内町平穏2115(Google Maps
電話:0269-33-2921(渋温泉旅館組合)
営業期間・時間
宿泊者利用:6時~22時
宿泊者以外利用(渋大湯のみ利用可):月・水・金曜13時~17時、日・火・木・土曜10時~17時、GW・お盆・年末年始は毎日10時~17時開放

04 足湯

四季折々の温泉情緒に触れながら足湯でほっこり


渋温泉には誰でも無料で利用できる「信玄」と「のふとまる」という足湯が2つあり、それぞれ造りや効能が異なる足湯が楽しめます。「信玄」は浴槽が4つに区切られ温度が違います。「渋大湯」の屋上にある「のふとまる」は同じ源泉を引いており、茶褐色の湯がじんわりと足元を温めてくれます。屋根付きの足湯は雨の日でも安心です。

「休足処 信玄」
渋温泉旅館組合観光案内所より徒歩約3分。浴槽の下には石が敷き詰められ足湯と共に足つぼも体験できます ©渋温泉旅館組合

「足湯 のふとまる」
渋温泉旅館組合観光案内所より徒歩約2分。「のふとまる」は「あたたまる」という方言 ©渋温泉旅館組合

【INFORMATION】

渋温泉中心部からの距離:徒歩2~3分
スポット名:足湯(☞休足処 信玄/☞足湯 のふとまる
アクセス:上信越自動車道「信州中野IC」より車で約20分/長野電鉄「長野駅」より特急約50分、「湯田中駅」下車。「湯田中駅」よりタクシーで約5分。「上林行き」バス約7分、「渋温泉入口」または「渋温泉和合橋停留所」にて下車
住所
休足処 信玄:長野県下高井郡山ノ内町平穏2094(Google Maps
足湯 のふとまる:長野県下高井郡山ノ内町平穏2200(Google Maps
電話:0269-33-2921(渋温泉旅館組合)
営業期間・時間:共に8時~22時
利用料金:無料

05 寺社巡り

温泉と信仰が結びついた元祖パワースポット


武田信玄とゆかりが深く、龍神の不思議な伝説も残る「横湯山温泉寺」 ©GoNAGANO観光データベース

古くから湯治場として栄えた渋温泉には由緒ある神社仏閣が多く点在。1305年創建、渋温泉の効能を広めた「横湯山温泉寺」から「渋高薬師」にかけての道は「御利益散歩道」という名称の遊歩道になっています。道中には由緒ある神社仏閣が建ち並び、祈願しながら歩くとそれぞれのご利益を頂けると言い伝えられています。

九湯めぐりの満願を祈る「渋高薬師」には、病を癒す薬師如来が祀られています ©GoNAGANOアーカイブ記事

【INFORMATION】

渋温泉中心部からの距離:温泉寺まで徒歩約3分、渋高薬師まで徒歩約2分
スポット名:寺社巡り(☞公式サイト
アクセス:上信越自動車道「信州中野IC」より車で約20分
住所
横湯山温泉寺:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2032(Google Maps
渋高薬師:長野県下高井郡山ノ内町渋2208(Google Maps
電話:0269-33-2220(横湯山温泉寺)

06 地獄谷野猿公苑

世界で唯一、温泉につかるニホンザルを間近で観察


施設は年中開苑。特に冬季は温泉に入るニホンザルを観察可能な確率が高いと言われています ©GoNAGANO観光データベース

横湯川の渓谷、標高850mにある「地獄谷野猿公苑」。急峻な崖と至る所から立ち上る温泉の湯気の様子から「地獄谷」という名称が付いたそうです。1年の3分の1が雪に覆われる厳しい環境ですが、古くからニホンザルの群れが自然のままに暮らしています。1964年の開苑以来、温泉につかるサルを間近で観察できる場所として、インバウンドが訪れる人気スポットとなっています。

【INFORMATION】

渋温泉中心部からの距離:車で約13分
スポット名:地獄谷野猿公苑(☞公式サイト
アクセス:上信越自動車道「信州中野IC」より車で約35分、「上林温泉無料駐車場」より徒歩約35分
住所:長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845(Google Maps
電話:0269-33-4379
営業期間・時間:冬季(11月頃~3月頃 )9時頃~16時頃、夏季(4月頃~10月頃)8時30分頃~17時頃 ※天候、季節、ニホンザルの行動等により予告なく変動することがあります。当日の営業時間は公式サイトでご確認ください。
利用料金:18歳以上800円、小学生~高校生400円、6歳未満無料(保護者同伴に限る)
備考:渋温泉を経由して「地獄谷駐車場」(有料)を利用する方法もありますが、乗用車のすれ違いも限られるような細い林道です。大型車の通行はできません。12月~3月は閉鎖され利用できません。

07 道の駅 北信州やまのうち

北信州の名産品が集結!


青緑のトンガリ屋根の外観が目印。人気のお土産は北信の郷土料理、根曲がり竹と鯖缶の味噌汁「サバタケ」 ©GoNAGANO観光データベース

北信濃の伝統工芸品やお菓子、ジャム、地酒など地元の特産品がそろう道の駅です。地元産の採れたて新鮮野菜や旬の果物が並ぶ直売所や地粉を使用した自家製のそばなどが評判の食堂も併設。広々としたテラスからは志賀高原の雄大な山々を望むことができます。

【INFORMATION】

渋温泉中心部からの距離:車で約5分
スポット名:道の駅 北信州やまのうち(☞公式サイト
アクセス:上信越自動車道「信州中野IC」より車で約25分
住所:長野県下高井郡山ノ内町大字佐野393‐2(Google Maps
電話:0269-31-1008
営業期間・時間:売店8時30分~18時、農産物直売所8時30分~16時(1月~4月中旬は土・日・月曜、祝日のみの営業9時30分~17時)、食堂11時~15時LO

08 山ノ内町立 志賀高原ロマン美術館

ロマンを感じる作品を多数展示


ひと際目を引く斬新な外観は黒川紀章氏の設計

日本を代表する世界的建築家・黒川紀章氏が設計した美術館。「ロマン」をテーマに、2,000年前のローマングラスや江戸・明治・大正期の「浪漫コレクション」、日本のガラス工芸の代表作家・横山尚人氏などの作品を収蔵展示。ガラス張りの三角すいの建物はショップとレストランになっており、レストランではパスタやドリアなどが楽しめます。

【INFORMATION】

渋温泉中心部からの距離:車で約4分
スポット名:山ノ内町立 志賀高原ロマン美術館(☞公式サイト
アクセス:上信越自動車道「信州中野IC」より車で約15分/長野電鉄「湯田中駅」よりバス「スノーモンキーパーク」下車、徒歩約1分
住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏1465(Google Maps
電話:0269-33-8855
営業期間・時間:9時~17時(最終入館16時30分)、木曜日休館、作品入れ替えのため臨時休館あり
利用料金:大人500円、小・中学生300円

09 北志賀高原エリア

個性異なる4つのスキー場を制覇!


多彩なコースを備え、スノーボーダーの聖地と名高い「X-JAM高井富士」 ©GoNAGANO観光データベース

冬季は上質なパウダースノーと豊富な積雪量を誇る4つのスキー場「竜王スキーパーク」「よませ温泉スキー場」「X-JAM高井富士」「小丸山スキー場」でスノーアクティビティを満喫。「竜王スキーパーク」の「SORA terrace」では、天候の条件がそろえば、雲海や夕焼け、満天の星空と、自然が演出するさまざまな空模様を楽しめます。その他、温泉やトレッキング、アクティビティなど一年中楽しめるエリア。北志賀高原の郷土料理「須賀川そば」もおすすめです。

ウィンタースポーツとあわせて絶景も楽しめる「竜王スキーパーク」 ©GoNAGANO観光データベース

【INFORMATION】

渋温泉中心部からの距離:車で約20分
スポット名:北志賀高原エリア(☞公式サイト
アクセス:上信越自動車道「信州中野IC」より車で約12分
住所:長野県下高井郡山ノ内町北志賀高原(Google Maps ※北志賀高原観光協会)
電話:0269-33-6000(北志賀高原観光協会)

10 澗満滝展望台

落差107mから成る幽玄な自然美を誇る神秘の滝


落差は日本第7位を誇る「澗満滝」。特に紅葉の季節が人気です ©GoNAGANO観光データベース

千曲川の支流である角間川に架かる、幅20m、落差107mの「澗満滝」。駐車場から数分登った場所にある展望台からは、豪快に流れ落ちる姿を望むことができます。夏は新緑、秋は山々が美しく染まり、カメラマンからも人気のスポットです。展望台から名水公園に繋がる遊歩道では、トレッキングや森林浴が楽しめます。

【INFORMATION】

渋温泉中心部からの距離:車で約13分
スポット名:澗満滝展望台(☞関連サイト
アクセス:上信越自動車道「信州中野IC」より車で約30分/長野電鉄「湯田中駅」よりタクシーで約15分
住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏(Google Maps
電話:0269-34-2404 (志賀高原観光協会)

11 志賀高原スキー場

極上のパウダースノーが待ち受ける日本最大級のスノーリゾート


日本最高峰の「横手山・渋峠スキー場」から望む圧巻のロケーション ©GoNAGANO観光データベース

大小18のスキー場からなる大型スキーリゾート・志賀高原スキー場。山頂からのぞむ雄大なロケーション、さまざまなジャンルのスキーヤーが絶賛する極上の雪質と最高の条件がそろうなか、思う存分スノーアクティビティを満喫できると評判です。18のスキー場全てを行き来できる共通リフト券があり、1日では滑りきれないほどの多彩なコースバリエーションも魅力です。

志賀高原スキー場公式サイト
志賀高原 SHIGA KOGEN MOUNTAIN RESORT

志賀高原スキー場についてのおすすめ記事
【長野】志賀高原のスキー場を徹底解説!ゲレンデの特徴・温泉・グルメ情報まとめ
志賀高原スキー場のおすすめホテル12選 ゲレンデ目の前~徒歩5分以内のホテルを紹介


制作:フィールドデザイン

あわせて読みたい記事

おすすめの記事

この体験をシェアする

LINE
Twitter
Facebook