new nature experience

長野のおすすめ高原12選!
涼しい風を感じながらキャンプや絶景を楽しめる。高原リゾートスポットをご紹介

山々に囲まれ、高原リゾートに恵まれる長野県。旅行やドライブが楽しい、高原12スポットの特徴や楽しみ方、アクセス方法などをご紹介します。

山を登り、森を抜け、視界が開けた先に見える高原。色とりどりの草花と、開放感のある空とのコントラストが綺麗な高原は、長野県ならではの、自然の大きさを感じられます。各高原の特徴を活かしたホテルやカフェなどで過ごすのも、気持ちのいい時間になりそうです。

更新日:2022/08/09

LINE Twitter Facebook

TOP PHOTO:蓼科高原や車山高原、霧ヶ峰高原、美ヶ原高原などを結ぶ「ビーナスライン」 ©GoNAGANO観光データベース
 

01 志賀高原(長野県山ノ内町)

ウィンターシーズンはもちろん、オールシーズン楽しめる自然の宝庫


「四十八池」周囲の湿地帯を散歩できます ©GoNAGANOアーカイブ記事

スキーリゾートとして人気の志賀高原は、夏から秋にかけてのグリーンシーズンもおすすめです。原生的な森林が広がりますが、歩きやすい歩道が整備されているため、火山活動によって生まれた湿原や湖沼の周囲を、トレッキングやホタル鑑賞(7月上旬~8月中旬)、紅葉狩りなどで楽しめます。近隣でホタルが飛び回る「ほたる温泉」や、志賀高原最初の温泉の「発哺(ほっぽ)温泉」などがあります。

秋には見事な紅葉が楽しめます(紅葉の見頃:10月上旬~) ©GoNAGANOアーカイブ記事

【INFORMATION】

エリア:山ノ内町
スポット名:志賀高原(☞関連サイト
最寄りIC:上信越自動車道「信州中野IC」から車で約35分/長野電鉄長野線湯田中駅からバスで約30分
住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏(Google Maps
電話:志賀高原観光協会(0269-34-2404)

02 戸隠高原(長野県長野市)

戸隠神社を中心に広がる、深い森のフィールド


山々や森林に囲まれる戸隠キャンプ場は、約22haの広大なキャンプサイトを持ちます ©GoNAGANO観光データベース

奥社への参道並木が続く、戸隠神社で有名な戸隠高原。なかでも、広いサイトが自慢の「戸隠キャンプ場」はキャンプ愛好家に人気スポット。設備やレンタル品が充実しているので、初心者にも安心です。「戸隠森林植物園」では、四季ごとに園内で自然観察会を開催していて、特に5~6月頃にはミズバショウの群生の中を歩くことができます。

戸隠森林植物園は、入園無料 ©GoNAGANO観光データベース

【INFORMATION】

エリア:長野市
スポット名:戸隠高原(☞関連サイト
最寄りIC:上信越自動車道「長野IC」から約1時間/JR長野駅からバスで約1時間
住所:長野県長野市戸隠(Google Maps
電話:戸隠観光協会(026-254-2888)

03 蓼科高原(長野県茅野市)

首都圏からのアクセスが便利。人気のリゾートエリア。


北八ヶ岳ロープウェイ。標高2,237mのロープウェイ山頂には「山のカフェ2237」があります ©GoNAGANO観光データベース

見どころたくさんの、高原リゾート地です。「蓼科湖」や「蓼科大滝」などの迫力ある水の恵みや、森を間近にして空中散歩を楽しむロープウェイ、おしゃれなカフェ、美術館などのスポットがあります。蓼科温泉を中心に、歴史を持つ温泉旅館やホテルから、ロッジやキャビンに泊まってワーケーションができる新しい形式の宿泊施設まで充実していて、さまざまなニーズに応えます。

迫力ある水しぶきの音が心地よい「蓼科大滝」 ©GoNAGANO観光データベース

【INFORMATION】

エリア:茅野市
スポット名:蓼科高原(☞関連サイト
最寄りIC:中央自動車道「諏訪・茅野IC」、「諏訪南IC」より車で約30分/JR茅野駅より「蓼科高原ラウンドバス」
住所:長野県茅野市北山(Google Maps
電話:蓼科観光協会(0266-67-2222)

04 中山高原(長野県大町市)

北アルプスを臨む、四季折々の高原模様


春の中山高原。絵画のような景色です ©GoNAGANO観光データベース

北アルプスを真正面に臨む高原は、季節によって衣替えする絶景が魅力。春は冠雪した北アルプスを借景に、黄色い菜の花畑が広がります。夏は清々しい若葉の草原、秋は白い小さな花が敷き詰められるソバ畑、そして冬は、静寂の雪原世界が幻想的。市街地を西に抜けると「大町温泉郷」があるので、旅館やホテルの温泉で寛ぎの時間を過ごせます。

自然の恵みがおいしい「農園カフェラビット」のジビエメニュー ©GoNAGANO観光データベース

【INFORMATION】

エリア:大町市
スポット名:中山高原(☞関連サイト
最寄りIC:長野自動車道「安曇野IC」より車で約45分
住所:長野県大町市大町(Google Maps
電話:大町市観光協会(0261-22-0190)

05 霧ヶ峰高原(長野県茅野市・諏訪市・下諏訪町)

ライダー憧れの絶景高原ロード


「ニッコウキスゲ」の花畑は6月下旬から7月下旬に見ごろを迎えます ©GoNAGANO観光データベース

全国のライダーに愛される「ビーナスライン」が走る霧ヶ峰高原。車山から鷲ヶ峰にかけて、ゆるやかな起伏が続くワインディングロードがおすすめです。見晴らしのいい展望台が点在していて、富士山やアルプス、八ヶ岳などを望みます。ドライブや遊歩道散歩の後は、ドライブインやカフェに寄り道して、名物を味わう楽しさもあります。

霧ヶ峰高原のシンボル的存在「霧鐘塔」。濃霧の日に鐘を鳴らすことでハイカー達の道しるべとなります ©GoNAGANO観光データベース

【INFORMATION】

エリア:茅野市・諏訪市・下諏訪町
スポット名:霧ヶ峰高原(☞関連サイト
最寄りIC:中央自動車道「諏訪IC」より車で約30分/JR上諏訪駅からバスで約50分
住所:長野県諏訪市四賀(Google Maps
電話:諏訪市観光案内所(0266-58-0120)

06 車山高原(長野県茅野市・諏訪市)

通り過ぎるのはもったいない。雄大なパノラマが待つ車山の頂へ


車山山頂に鎮座する「車山神社」。山頂からは360℃の展望が楽しめます ©編集部

山岳ルート「ビーナスライン」に沿って広がる車山高原は、ドライブで堪能したい絶景スポット。車山の山頂に向けてリフトが通っていて、山頂からは白樺湖や蓼科山、八ヶ岳、富士山などを望みます。初夏には朝日と雲海を見られるイベントを開催しているので、近くに宿泊して参加するのがおすすめです。

リフトで車山頂上へ。冬はスキー場になります ©GoNAGANO観光データベース

【INFORMATION】

エリア:茅野市・諏訪市
スポット名:車山高原(☞関連サイト
最寄りIC:中央自動車道「諏訪南IC」、「諏訪IC」より車で約40分/JR茅野駅からバスで約60分
住所:長野県茅野市北山(Google Maps
電話:車山高原スカイパークリゾート(0266-68-2626)

07 高ボッチ高原(長野県塩尻市・岡谷市)

カメラマンが愛する絶景スポット


高ボッチ高原からの眺め。眼下には諏訪湖、奥には富士山が見えます ©GoNAGANOアーカイブ記事

北アルプス、八ヶ岳連峰、諏訪湖、富士山など、山頂から360度の眺望が素晴らしい高原です。6月はレンゲツツジの花畑が見ごろとなり、6月から10月までは牛が放牧されたり、牧歌的な風景が広がります。キャンプ場も開設されているので、ターフやテントを張って、思い思いに自然を満喫できます。12月上旬~4月下旬頃、アクセス道路が冬季通行止めとなるので注意。

抜群の展望の中、ゆったり過ごす牛たち

【INFORMATION】

エリア:塩尻市・岡谷市
スポット名:高ボッチ高原(☞関連サイト
最寄りIC:長野自動車道「塩尻IC」から車で約50分
住所:長野県塩尻市片丘・長野県岡谷市(Google Maps
電話:塩尻市観光協会塩尻駅前観光案内所(0263-88-8722)

08 美ヶ原高原(長野県松本市・上田市・長和町)

高原のホテル、牧場、美術館。“理想の高原リゾートライフ”が叶います


「美ヶ原電波塔」を背景に「美ヶ原牧場」の家族たち ©GoNAGANOアーカイブ記事

ビーナスライン終点となる、標高2,000mの高原。およそ400ha、見渡す限りの草原が広がる「美ヶ原牧場」の遊歩道で、ゆったりと散歩が楽しめます。ホテルに泊まって楽しむ星空観察も、人気イベントです。草原の一角に建つ「美ヶ原高原美術館」は、350点もの現代彫刻が、屋外常設展示されているので、自然のなかでアート鑑賞ができます。

美ヶ原高原のシンボル「美しの塔」。山頂では、街の光が届きにくいため、星が綺麗に見えます ©GoNAGANOアーカイブ記事

【INFORMATION】

エリア:松本市・上田市・長和町
スポット名:美ヶ原高原(☞関連サイト
最寄りIC:長野自動車道「岡谷IC」より車で約60分
住所:長野県松本市入山辺(Google Maps
電話:上田市武石産業建設課(0268-85-2828)

09 乗鞍高原(長野県松本市)

季節ごとに楽しめる、アクティビティ満載のアルプスフィールド


遊歩道でたどる「まいめの池」

北アルプスの南端、乗鞍岳の裾野に広がる乗鞍高原。スキー場、トレッキングなど、自然のフィ−ルドを活かしたアクティビティがたくさんあります。キャンプサイト「乗鞍BASE」では、キャンプはもちろん、子どもから大人まで楽しめるアスレチックや、マウンテンバイクツアーなども体験できます。心地よい疲れは「のりくら温泉郷」で癒やします。

遊歩道でたどる「まいめの池」

【INFORMATION】

エリア:松本市
スポット名:乗鞍高原(☞関連サイト
最寄りIC:中央自動車道「松本IC」より車で約60分/松本電鉄「新島々」よりバスで約50分
住所:長野県松本市安曇(Google Maps
電話:のりくら高原観光案内所(0263-93-2147)

10 開田高原(長野県木曽町)

木曽馬とふれあい、そばを食す。冷涼な風が、心地よい高原


夏には、ソバの花が一面に咲き誇ります(見頃:8月) ©GoNAGANO観光データベース

御嶽山の裾野に広がり、真夏でも爽やかな気候に恵まれる、標高1,100~1,300mに広がる開田高原は、避暑地として人気です。県下有数のそばの里で、8月には御嶽山を背景に、白いソバの花畑が広がります。山菜やきのこなどを煮た鍋に「投じ籠」でそばを浸す「とうじそば」が有名。秋には「開田高原そば祭り」が開かれて、新そばの味と香りを味わえます。

心優しい気質と言われる「木曽馬」と触れ合える「木曽馬の里」 ©GoNAGANOアーカイブ記事

【INFORMATION】

エリア:木曽町
スポット名:開田高原(☞関連サイト
最寄りIC:中央自動車道「伊那IC」から車で約50分
住所:長野県木曽郡木曽町開田高原(Google Maps
電話:開田高原観光案内所(0264-42-3350)

11 野辺山高原(長野県南牧町)

採れたての高原野菜を味わう、隠れた避暑地の名所


高原野菜が美しく整列する光景も、見どころの一つです ©GoNAGANOアーカイブ記事

八ヶ岳の東山麓に位置する、標高1,300mの野辺山高原は日本有数の高原野菜の産地です。夏の平均気温は19℃。八ヶ岳を背景に、キャベツや白菜、レタスなどが、畑でみずみずしく育つ明るい緑色の光景が広がります。地元の飲食店では、畑で採れたばかりの新鮮野菜を使った料理をいただけます。

星が綺麗に見えることでも有名。国立天文台「野辺山」には多くの研究者が訪れます ©GoNAGANO観光データベース

【INFORMATION】

エリア:南牧村
スポット名:野辺山高原(☞関連サイト
最寄りIC:中央自動車道「長坂IC」より車で約50分
住所:長野県南佐久郡南牧村(Google Maps
電話:南牧村観光協会(0267-96-2211)

12 しらびそ高原(長野県飯田市)

「南アルプスエコーライン」で行く、南アルプスと天の川へ手が届きそうな山岳高原


しらびそ峠から望む、冠雪した南アルプス ©GoNAGANO観光データベース

3,000m級の南アルプスを眼前にする標高1,900mの高原です。南アルプスはもちろん、天気が良ければ北アルプス、中央アルプスまで見渡せます。“日本のチロル”とも呼ばれる急傾斜地の「下栗の里」とセットで観光する方も多くいます。ホテル「天の川」やオートキャンプ場からは、天気が良ければ、一年中天の川が見られるロマンチックな高原です。

街の光が届きにくく、空気の澄んだ環境は、天体観測にもってこい ©GoNAGANOアーカイブ記事

【INFORMATION】

エリア:飯田市
スポット名:しらびそ高原(☞関連サイト
最寄りIC:中央自動車道「飯田IC」より車で約75分
住所:長野県飯田市上村(Google Maps
電話:遠山郷観光協会(0260-34-1071)

制作:フィールドデザイン

あわせて読みたい記事

おすすめの記事

この体験をシェアする

LINE
Twitter
Facebook