木曽の初夏限定の和菓子
「朴葉巻き」を味わう

木曽地方には初夏限定の伝統の和菓子「朴葉巻き」があります。
清々しい香りが初夏を思わせ、見た目も楽しい朴葉巻き。取り寄せもできる木曽の味です。

木曽の郷土の和菓子「朴葉巻き」
どんなお菓子か知っていますか?

木曽路はすべて山の中である。島崎藤村によってそう謳われた山深い木曽地域では、その山の恵みを利用して、5月下旬から7月初旬にかけて、季節限定で「朴葉巻き」(ほおばまき)がつくられています。朴葉巻きとは、米粉を練ってつくった餅にあんを包んで朴葉でくるみ、い草で縛って蒸しあげたもの。朴葉の香りが餅に移った、新緑の季節らしい清々しい味わいが特徴です。なぜ季節限定かと言えば、餅が包みやすいやわらかな若葉の朴葉を収穫できるのがこの季節だから。朴葉巻きは木曽の初夏の風物詩なのです。

い草で結えた朴葉巻き。店によってはあんでい草の色を変えるところも

朴葉巻きは木曽地域の各家庭でつくられ受け継がれてきた伝統の味。地元の人は「小さい頃、家に帰ると蒸し上がった朴葉巻きが物干しにぶら下がっていてね、飛び上がって取って食べたものよ」と話してくれました。現在は、木曽地域の和菓子店などで製造されています。米粉らしい、粘り気のあるむっちりとした餅のなかに包むあんは、つぶあん、こしあん、白みそくるみあんが定番ですが、なかでもめずらしいのは白みそくるみあん。ほどよい塩気を感じる上品な甘さが特徴です。お店によっては、ゆずあんなどの変わり種もあります。

左から、つぶあん、白みそくるみあん、こしあん

柏餅の代わりに食べる?
なぜ朴の葉で包むのか

朴の木はモクレン科の樹木で、高さは15m以上、なかには30mになるものもあるという高木です。そのため庭木というより山中の木というイメージですが、木曽地域や下伊那地域では、その食文化から庭木にする家もあったようです。ひと枝に5~8枚程度つける葉の1枚1枚もとても大きくて、長さ30cm以上になるものも。だからこそ、餅をくるむのにも十分。朴葉を用いるのは大きさのほか、アクが強くて殺菌力が高いため。保存性が高く、かつてはお米を包んで蒸した朴葉飯を山仕事や農作業のお弁当として携えたそうです。

朴葉巻きにする前の収穫したばかりの朴葉

もとは月遅れの端午の節句を祝う郷土食だった朴葉巻き。柏の木がない木曽地方で、柏葉の代わりに朴葉を使うようになりました。朴葉巻きの大きな特徴は、ひと枝に複数枚の葉がついた状態で餅を包むところにもあります。円錐形のちまきのようにすっと立つ姿はとても美しいものです。餅をくるんだら枝ごと蒸し器へ。20分ほど蒸したら完成です。なぜ、ひと枝まるごと蒸すようになったのかは定かではありませんが、収穫のしやすさや包む作業の効率がよかったからなどともいわれます。朴葉巻きは素朴ながら人の知恵が詰まった郷土の食なのです。

朴葉巻きの全容。自然を生かしたすばらしい造形美

朴葉巻きの食べ頃や
おいしい保存方法は?

餅だけに、買ったその日に食べなければ…と思いがちですが、地元の人は「つくった翌日が一番おいしい」と言います。米粉の餅が1日置くことでほどよく締まってなじみ歯応えが生まれることにくわえ、朴の香りがより餅に移るためです。朴葉巻きをつくる和菓子店の休憩時間、お茶請けにできたての朴葉巻きを出すとベテランの作り手たちから「昨日の、ない?」と言われるほどなんだとか。日を重ねてもよいだけに取り寄せができる店もあります。賞味期限は店舗にもよりますが3日ほどです。

やはり緑茶がよく合います

たくさん購入した場合は、保存袋などに入れて冷凍庫へ。自然解凍のほか、好みで蒸し器を使って蒸し直したり、こんがり焼いてからいただきます。温かいと餅のやわらかな食感や立ち上る朴の香り、あるいは焼いた香ばしさなど、常温とは異なる楽しみがあります。ちなみに、木曽の老舗和菓子店の女将さんいわく、「わたしは冷凍したものなら自然解凍で食べるのが一番好き」とのこと。あんも、食し方も好みはさまざま。初夏限定の木曽の味、ぜひ自分好みの朴葉巻きを探究してみてはいかがでしょう。

蒸籠で蒸し直せば、できたての感覚を味わえます

更新日:2020/07/03

お取り寄せできるお店はこちら

木曽町の観光案内はこちら

おすすめの記事

この体験をシェアする

LINE
Twitter
Facebook