日本最奥へ、
長野県おすすめ紅葉情報2021

北から南へ、山から里へ少しずつ移動する紅葉前線。自然豊かな長野県は名所が多く、9月中旬ごろから11月中旬ごろまでと比較的長期間楽しめます。見頃の時期もロケーションもさまざま。見頃マップと共に長野県内の紅葉スポットをピックアップして紹介します。

更新日:2021/09/15

LINE Twitter Facebook

紅葉を見るなら標高差があり南北に広い長野県へ

雄大な山々に囲まれ自然豊かな長野県には紅葉の名所も数多く点在しています。
標高差があり南北に広い地形により、紅葉の見頃は北から南へ、高山から里へ、少しずつ移動。長野県内でも場所によって9月中旬ごろから11月中旬ごろまで紅葉を楽しめ、見頃の期間が比較的長いのが特徴です。

南北に長い長野県では紅葉は北から南へ移動します
標高差のある長野県では紅葉は高山から里へ少しずつ移動します

冠雪・紅葉・常緑の三段紅葉を眺められたり、古城や雲海との共演を楽しめたりとロケーションもさまざま。2021年の紅葉見頃情報とおすすめ紅葉スポットおすすめの紅葉スポットをピックアップして紹介します。
※長野県内の紅葉見頃情報と紅葉スポット一覧は、最下部にまとめておりますので併せてご確認ください。

長野県の紅葉スポット

ロープウェイで雲上の紅葉を見に行く

長野県北安曇郡小谷村の栂池自然園では、標高1,900m地点に広がる湿原の草紅葉が9月中旬ごろから見頃を迎えます。その後、ダケカンバ、ナナカマドなどの紅葉が進み、初冠雪に時期にはアルプスの雪、紅葉、針葉樹の常緑と三段紅葉が楽しめます。麓の駐車場・バス停からゴンドラとロープウェイで一気にアクセスが可能。10月上旬ごろになるとゴンドラに乗りながら紅葉を眺めることができます。

長野県北安曇郡小谷村・栂池自然園の紅葉
長野県北安曇郡小谷村・栂池自然園の紅葉(GoNAGANO観光データベースより)

深い山と谷が作り出す紅葉

日本画家・東山魁夷の絵画『緑響く』のモチーフとなった場所としても有名な長野県茅野市の御射鹿池(みしゃかいけ)。標高1,500mの山の中にぽっかりとあいたため池で、例年10月下旬ごろから紅葉が見頃を迎えます。池を囲むように立つカラマツが美しく色づき、風のない日には見事な水鏡を望めます。朝靄のたつ早朝もおすすめで幻想的な絶景に出会えます。
※御射鹿池の堤防内は立ち入り禁止で池に近づくことはできません。大切に利用されている農業施設ですので環境維持にご協力をお願いします。

長野県茅野市・御射鹿池(みしゃかいけ)の紅葉
長野県茅野市・御射鹿池の紅葉(GoNAGANO観光データベースより)

秋の古城と紅葉の共演を眺める

日本唯一の“穴城”で日本100名城にも選定されている、小諸城址 懐古園(長野県小諸市)。例年11月上旬からケヤキやモミジ、イチョウなどが色鮮やかに染まります。明治時代に廃城となった小諸城の城郭を散策しながら紅葉狩りを楽しめます。苔むした石垣の緑と紅葉のコントラストも見事。園内には、美術館や動物園なども併設されているので、子ども連れにもおすすめな紅葉スポットです。

長野県小諸市・小諸城址 懐古園の紅葉
長野県小諸市・小諸城址 懐古園の紅葉(GoNAGANO観光データベースより)

里の風景に溶け込む紅葉スポット

長野県上伊那郡中川村葛島にある渡場のイチョウ並木は、冠雪した中央アルプスをバックに黄金色に紅葉するイチョウを眺めることができ、カメラマンにも人気の名所です。見頃は11月上旬~中旬ごろで、田舎の秋らしいのどかな風景が楽しめます。並木道を歩くと、黄金色のじゅうたんを一面に敷いたような圧巻の光景が広がります。松川インターチェンジから車で約15分の場所にあり、ドライブスポットとしてもおすすめです。

長野県上伊那郡中川村・渡場のイチョウ並木の紅葉
長野県上伊那郡中川村・渡場のイチョウ並木(GoNAGANO観光データべ―スより)

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を考慮し、県内各地の紅葉狩りについては自粛のお願いが出る可能性があります。詳しくは現地観光協会の最新情報をご確認下さい。
※例年の見頃を紹介しております。色づき状況など詳しくは現地観光協会などにご確認ください。


文:編集部(みやざわ ちえ)

ロープウェイで雲上の紅葉を見に行く

深い山と谷が作り出す紅葉スポット

秋の古城と紅葉の共演を眺める

ほっとするひと時。里の風景に溶け込む紅葉スポット

おすすめの記事

この体験をシェアする

LINE
Twitter
Facebook