new activity experience

【Summer Activity with Kids in NAGANO
親子で遊び・学ぶ。長野の夏休みスペシャル!】CONTENTS【1】
『2022年長野の夏。大注目!のアウトドア・アクティビティ』
“遊びの達人”が語る、長野ならではの魅力と楽しさ。

夏休み。家族で長野県の大自然を体感できる今年人気の4つのアクティビティ。「SUP(スタンドアップパドルボード)」「サイクリング」「キャンプ」、そして「ユニバーサルツーリズム」。湖に浮かび戯れ、道を走り文化と触れ合い、焚き火を囲み語り、誰もが安心してフィールドを満喫!そんな旅・時間・つながりを大切にする4人の遊びの達人たちが、この夏、「家族のトクベツな思い出づくり」を語ります。

更新日:2022/08/01

LINE Twitter Facebook

【SUP(スタンドアップパドルボード)】
「水」と一緒の夏を遊ぼう!__河野健児さん〈nozawa green field〉

大人たちに見守られ思う存分SUPと湖を楽しむ夏。©️nozawa green field 

初めてのSUP(スタンドアップパドルボード)体験は周囲を山に囲まれた湖が最適です。それはボードが揺れる要因となる水の流れもなく波もたちにくいからです。長野県に点在する多くの湖はこれらの条件に恵まれています。初心者にレンタルするボードは特に浮力が強いインフレータブル・タイプを使用しています。また子どもたちにもフィットするライフジャケットも用意していますので安心ですよ。体験回数や年齢などそれぞれゲストユーザーに適合するボードがありますので臆せずお尋ねください。親子3代でチャレンジするご家族もいらっしゃいます。大人も子どもも15分ほどでコツがつかめます。生まれて初めてのSUP体験の楽しさ・醍醐味は「立って水上を移動する、いわば“水上散歩”の感覚」にあります。とても不思議な感覚に包まれるはずです。でも気持ちがいい!もちろん立つだけではなく、膝をついてパドリングしたり、座って、寝転んで、湖に飛び込んだり、ずっと空を見上げたり……。夏こそ、SUPですよ!

〈nozawa green field〉
大自然の恩恵を受け、感謝しながらSUP、Tree camp、農体験をとおし、たくさんの「楽しい」をゲストと共有する今注目のアウトドアフイールド。
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9254
TEL 090-4161-3134
info@nozawagreenfield
https://www.nozawagreenfield.com/

【サイクリング】
自転車で走る信州のステキ__小口良平さん〈GRAV BICYCLE STATION〉

諏訪湖を駆ける風を伴走に家族皆んなでサイクリング。心に残る1日。©️GRAV BICYCLE STATION

サイクリングは本当にサイコーです!長年、多くの国のさまざまな道を走ってきました。その貴重な体験の中で私はこう思っています。「道の上に文化・歴史・人と人の交流」が形成されているんだ」と。そして「道を巡ることは人生の原点」かもしれない。とりわけ出身地の諏訪・八ヶ岳エリア、ビーナスライン周辺を走っていると心からそう感じます。自転車での移動速度は時速平均15~20km。風・音・匂い・そして全ての体感が呼応する速度です。まさに「ちょうど良い」移動なのです。幹線道路からサイクリングロード、そして細い道へ、さらに車が通り抜けることのできない小道にもすーっと入って行ける。道々で地域の人たちと出会い、とっておきの郷土食も堪能。人生でたった一度の体験が私たちを道々で待っているのです。

〈GRAV BICYCLE STATION〉
JR飯田線・辰野駅から程近い市街地にサイクルステーションを設立した(グラバイステーション)。自転車で移動することで体感できる全ての楽しさや発見をプレゼンテーション。

長野県上伊那郡辰野町辰野1704
TEL 090-7732-1198
info@gravbicycle.com
https://gravbicycle.com/station/

【キャンプ】
家族の絆と思い出が生まれる非日常のトクベツな体験__長谷川絵里香さん〈ライジングフィールド軽井沢〉

©️Rising Field Corporation

キャンプではテント設営、食事の準備、焚き火など、必然的にさまざまなワークが必要ですよね。「こうしたほうがもっといいのでは」「それは違うかも」などまさに“選択の連続”です。
私たちの施設では年間20種類以上のバラエティに富んだアクティビティがあります。親子、子ども単独でのプログラムも企画しています。日頃一緒にいる時間が少ないお父さんがキャンプやフィールドアスレチックをとおしてリーダーシップを発揮する姿を見て子どもたちにリスペクトが生まれます。特に女の子は「お父さんカッコいい」って。するとさらに会話が弾みそして理解が深まっていく。そして夕食の時間。焚き火が始まります。火起こしに奮闘する父と息子の間にはある種の連帯が生まれるようです。やがて訪れる静寂の訪れ。炎のゆらめきがもたらす静なパワーでご夫婦の間にも忘れかけていた会話が始まるのです……。

〈ライジングフィールド軽井沢〉
軽井沢エリアの国立公園内に展開するアウトドアリゾート。キャンプ、アドベンチャーパークなど多彩なアクティビティ・コンテンツをプロデュースする“カルチャー発信基地”。

長野県北佐久郡軽井沢町長倉山国有林2129
TEL 0267-41-6889
rfk-ask@rising-field.co.jp
https://www.rising-field.com/

【ユニバーサル・ツーリズム】
家族と一緒に旅を楽しめる__田村達彦さん〈戸隠ユニバーサルツーリズムデスク〉

アウトドア専用の車椅子で辿る戸隠神社・奥社への道。©️戸隠観光協会 

山岳地帯への観光はハードルが高い反面、いざ行き着いたときの感動はひとしおです。長野県はアクセスの難易度が低い割には、とても豊かな自然や絶景が体験できる素晴らしい環境を保有しています。中でも戸隠フィールドは戸隠神社奥社参道や牧場・キャンプ場といったフラットなところからスキー場山頂までと選択肢が幅広いのが魅力です。アウトドア用車椅子に加えて、スロープや折りたたみベッドもレンタル可能なのでキャンプにもぜひチャレンジしてほしいですね。私自身も車椅子ユーザーです。日頃からお客様の “やりたい”を叶えるためさまざまなニーズに合った体験の提案を考えています。旅に出るときは自身の “行ってみたい”“やってみたい”を優先的に考えて、対応窓口に想いを伝えてみるのが一番。リアルな声が伝わると、今後行きたい場所でのアクティビティが増えてくるかもしれません。意外と何らかの対応をとってくれるところもありますよ。“やってみたい”を叶える夏に向けて、まずは気軽に相談を。

〈戸隠ユニバーサルツーリズムデスク〉
「全ての人に戸隠の素晴らしい自然を楽しんでもらえるように」と車椅子で歩く戸隠マップを制作。車椅子の駐車場、対応用トイレ、そして坂道や段差などアクセス情報も網羅。車椅子、車椅子けん引装置の他、介助用品のレンタルも用意。長野県を代表するユニバーサルツーリズム推進地。

長野県長野市戸隠3517
TEL026-254-2888(戸隠観光情報センター)
info@togakushi-21jp
https://togakushi-21.jp/universal/

おすすめの記事

この体験をシェアする

LINE
Twitter
Facebook