activity experience

未来のスターを目指して!
キッズ向けスキー&スノボ・スクール紹介

ぐるりと山に囲まれた長野県には約80カ所のスキー場があり、その数は全国一を誇ります。そして多くのスキー場にスキー・スノーボード教室があり、そのほとんどに子ども向けのスクールがあります。なかでもキッズ専門の、あるいはキッズクラスに力を注ぐ、選りすぐりのスクールをご紹介します。

更新日:2022/04/08

LINE Twitter Facebook

©️ブランシュたかやまキッズスクール

《ブランシュたかやまキッズスクール》

ちびっこ専用の広いエリアは
スキーの上達する仕掛けがたくさん

「スノーウォーカー(動く歩道)」のある「ちびっこわんぱ~く」で、そりや雪遊びから無理なく段階を踏んでスキーを学ぶことができます。家族やグループで受講可能なレッスンでは、一番小さな子どもに合わせた内容で、大人も教え方を伝授してもらいながら一緒に滑ることができます。

©️ブランシュたかやまキッズスクール

「ぴよぴよスクール」は2歳と3歳が対象のプライベートレッスンと、4歳から6歳が対象のグループレッスンに分かれ、雪遊びやそり遊びからはじめて、スキー場で遊ぶことの楽しさを実感していきます。

子どもがスキーに興味をもったら「キッズレッスン」へ。ただし身長105cm未満の未就学児は「キッズプライペートレッスン」でスキーの初歩とリフトの乗り方を学びます。

©️ブランシュたかやまキッズスクール

身長105cm以上で、かつリフトにひとりで乗り降りできる年長さんから、いよいよグループレッスンを受けます。4~5人の少数制のきめ細かいレッスンで、丁寧に基礎を身につけていきます。

ブランシュたかやまスキーリゾートには、日本最大規模のキッズ専用エリア「ちびっこわんぱ~く」があり、「スノーウォーカー(動く歩道)」を使って遊びながら練習し、慣れたらリフトに乗って初心者向けの「キッズファンコース」を滑ったり、上達する仕掛けがたくさんあります。

2022年2月末まで週末に北陸新幹線・佐久平駅とJR茅野駅から白樺湖までのシャトルバスが運行します。さらに、2022年4月から実施される「新和田トンネル無料化」に先駆けて、通行料金のキャッシュバックを行なっています。3月末まで新和田トンネル通行の際の領収書をインフォメーションにリフト券とともに提示すると、往路分の現金と復路分の通行チケットがもらえます。

スキー場|ブランシュたかやまスキーリゾート(長和町)

オフィシャルサイト
申込方法|0268-41-8155(土日のみ、平日は0268-69-2978まで)またはホームページから事前予約(希望日の17日前の15時から前々日15時まで)

《タングラム キッズ&ジュニアスクール》

スノーエスカレーター完備
プライベートレッスンならパパママも一緒に学べる

はじめてのスキーまたはボード体験では、スノーエスカレーター完備の初心者用ゲレンデで転び方、止まり方、曲がり方から学びます。3カ月から未就学児対象のホテルタングラム託児室もあって、小さな弟妹をあずけつつ、プライベートレッスンなら親も一緒に受講することができます。

©️タングラム キッズ&ジュニアスクール

4歳から6歳が対象の「キッズレッスン」と、小学生から中学生が対象の「ジュニアレッスン」があり、各レッスンは初心から3または5クラスに分かれます。段階に応じてやさしく丁寧に指導してくれるので、楽しみながらレベルアップできるでしょう。

©️タングラム キッズ&ジュニアスクール

初心クラスでは20mの「スノーエスカレーター(動く歩道)」を備えた緩斜面エリアでレッスンを行います。4人(追加料金で最大6人)まで一緒に学べるプライベートレッスンは大人の受講が可能なので、親子や家族、友だち同士で一緒に滑ることができます。

初心者専用のロシニョール製のスキーまたはバートン製のスノーボードがレンタルできるオプションがあって、特にバートンは初心者専用のLTRボードを採用し、さらに簡単に脱ぎ履きできる「Step On(ステップオン)」という新しいシステムのバインディングを取り入れ、子どもの上達をサポートしてくれます。

また、ホテルタングラムに新たに設けられた宿泊棟「森のフロアー」はランドリー完備で、洗濯物の多くなりがちな小さな子連れでの長期滞在をサポートしてくれます。

スキー場|タングラムスキーサーカス 斑尾東急リゾート(信濃町)

オフィシャルサイト
申込方法|ホームページから事前予約

《峰の原ジュニアスクール》

リニューアルしたスキー場で
雪山の楽しさを伝えたい!

「伝えたいのはスキー技術ではなく、雪山の楽しさ」と謳うとおり、遊びを通してスキーが大好きになり、自然と上達を目指せるスキースクールです。峰の原高原スキー場は2021年冬に「REWILD ’NINJA’ SNOW HIGHLAND(リワイルド ニンジャ スノー ハイランド)」としてリニューアルオープンし、子ども向けの新たな雪上コンテンツが充実しました。

©️峰の原高原ジュニアスクール

未就学児や初めてスキーをする子は、まずレッスン1の「キッズ・プライベート」から。2時間ほどの「イージーボーゲン・プログラム」で、なだらかな初心者コースをゆっくり滑り降りてくることができるようになります。

レッスン2の「ジュニア・レッスン」は小学生が対象。初心者からレベルに合わせてクラス分けし、身体の動きを身につけながら、新たなコースにチャレンジしたり、コブや新雪、ジャンプなど、少しずつ体験していきます。

©️峰の原高原ジュニアスクール

峰の原高原スキー場は2021年冬に「REWILD ’NINJA’ SNOW HIGHLAND」としてリニューアルオープンし、日本最大級の「NINJAキッズパーク」が整備されました。ハイジもびっくりの「パノラマロングブランコ」や空中を滑走する「ジップライン」、「360度雪山滑り台」など、30種以上のアクティビティが楽しめます。

「忍び雪合戦」「ニンニン!スノーチューブレース」など参加費無料の週末ごとのイベントのほか、木工・そば打ち体験(有料)や忍者試験(無料)を随時開催するほか、日没後にゲレンデの夜空を光と音楽で彩る「オーロラ・イルミネーションショー」を2月まで実施しています。

さらに今シーズンから週末のみ、JR長野駅・東口と長野電鉄・須坂駅からシャトルバスの運行を開始しました。

スキー場|REWILD ’NINJA’ SNOW HIGHLAND(旧 峰の原高原スキー場、須坂市)

オフィシャルサイト
申込方法|0268-74-3414(宮崎)またはホームページから事前予約

《軽井沢パンダルマンスキースクール》

専用ゲレンデや独自のアイテムで
楽しく遊びながら上達できる

楽しく遊びながら上達を目指すスキースクール。3歳から9歳までを対象に、全国各地のスキー場でスクールを開校し、長野県では軽井沢プリンススキー場に専用ゲレンデがあります。10年の歴史のなかで培ってきた独自のレッスン法で、子どもたちはぐんぐん上達していきます。

©️軽井沢パンダルマン

パンダと雪だるまをかけ合わせたキャラクター「パンダルマン」と一緒に、まずは準備運動。スキー靴を履いての基本動作に慣れてから、「パンダルマンスキー」を履いて「マジックゲレンデ」を滑ります。

「パンダルマンスキー」は独自に開発したレッスン専用のスキー板です。そして「マジックゲレンデ」は特許取得の人工芝のゲレンデです。スキー板のほかブーツとヘルメットのレンタル込みのレッスンなので、スキー用具のない人も気軽に参加できます。

©️軽井沢パンダルマン

1時間ほどの丁寧な指導を受けたうえで、子どもたちはいざ、雪上へ。すでに正しい姿勢が身についているので、怖がることなく斜面を滑ることができます。

コロナ禍以降はレッスン人数を減少し、さらに距離を取りながら上達を促す「スペースバー」を開発して、ソーシャルディスタンスを保ちながら安全に楽しく子どもたちを導いています。

スキー場|軽井沢プリンスホテルスキー場(軽井沢町)

オフィシャルサイト
申込方法|050-5526-3941(予約センター)、080-5965-5911またはホームページから事前予約

《ユニティスキーレーシング》

〝速く滑る〟その魅力を体感
ジュニアへのトレーニングサポート

ユニティ スキー レーシング(略称USR)は、小学1年生から高校3年生までのキッズ、ユース、ジュニアレーサーの育成スクールです。菅平高原パインビークスキー場を拠点としてスキーレーサーになるために大切な時期(7歳から18歳)に、一貫指導にしかできない指導カリキュラムに基づいた発掘・育成・強化を行っています。

©️ユニティ スキー レーシング

小学1年生以上の、急斜面までを滑り降りられる程度の子どもたちを対象に、さらなる向上をサポートしており、ジャンルはスキーのみで、スノーボードのトレーニングコースはありません。参加希望の場合は、事前にWebフォームで希望日を明記して申し込みます。SNS(ブログ・Fecebook・ instagram)で毎日のように情報を発信しているので、確認してみましょう。

ベースキャンプスキー場|菅平高原パインビークスキー場のつばくろゲレンデ、オオマツゲレンデ(上田市)

Web申し込みページ
オフィシャルサイト
Facebookページ
usr-tcsブログ
tcs_usr instagram

《白樺リゾート池の平スキースクール》

安全な環境で楽しく上達

ここはゲレンデ全体が緩斜面主体の小さめのスキー場。だから暴走的なスキーヤー・ボーダーは皆無でとても安全。このエリアは晴天率が高く、青空の下で気持ちよくスキー・スノーボードが楽しめます。

©️白樺リゾート池の平スキースクール

特に初心者・初級者の子どもたちのレッスンに定評があり人気です。スキーは4才から、スノーボードは6才から、丁寧なレッスンを行っています。初心者のスキーレッスンは、特製の補助器具を使用してのマンツーマンレッスンなので、ほとんどの場合1時間でリフトを使って緩斜面でのスピードコントロール滑走&ストップができるようになります。滑れるようになったら、積極的にリフトを利用して楽しく長い距離を滑り、初めての子でも「できる!」という達成感を感じられるレッスンです。
子どもにスキーを経験させたいが、保護者自身が経験がないので要領がわからない不安だという方は、まず電話で問い合わせてみましょう。このスクールでは、受講する子どもの保護者の7~8割がスキー未経験です。ジュニア国際技術検定も随時行っています。

スキー場|池の平スノーパーク

お問い合わせ・予約|070-1264-3210
オフィシャルサイト
※日本プロスキー教師協会(SIA)のアンケートにお答えいただいたスクールとして紹介しています。

《杉山スキー&スノースポーツスクール》

初めてでも安心してリフトデビュー

初めてのスキーでもあっという間に上達し、リフトデビュー!すいすい滑れる子どもたちは、広い志賀高原を滑りつくすキッズツアーも大人気です。 日本を代表するゲレンデで、未来のスキーヤーを育成しています。

©️杉山スキー&スノースポーツスクール

メインフィールドとなる奥志賀高原スキー場は、普通のスキー場ではなかなかお目にかかれない「長い緩斜面」が特徴。つまりこれからスキーを始める子どものレッスンに最適ということ。だから初めての子どもでも安心してリフトに乗って練習できるので上達が早いのです。まったく初めての子はマンツーマンか少人数での指導から入り、上達してきたらどんどんリフトに乗ってどんどん上手くなりましょう。
キッズスクールはワンデイのグループレッスンをメインにしており、4歳から小学校6年生が対象。事前の予約が必要で、Web予約が優先されます。

スキー場|奥志賀高原スキー場

オフィシャルサイト
※日本プロスキー教師協会(SIA)のアンケートにお答えいただいたスクールとして紹介しています。

《サクラメント・プロスキースクール》

当日の参加申し込みでもOK

初めてのスキーでも、リフトに乗って上達を目指します。リフト券は1回分が無料なので、まずは1回滑り下りるのが目標!

©️サクラメント・プロスキースクール

ファミリーに人気のいいづなリゾートスキー場がフィールドです。スキーの場合は幼稚園入園以上、スノボは小学生以上が受け入れ対象となります。申し込みは、予約もできますが当日でも可能です。スタート時間が9時・11時・13時半の3回に分かれており、スタート15分前には受付してください。(スキーレンタルされる方は20分前)

スキー場|いいづなリゾートスキー場

オフィシャルサイト
※日本プロスキー教師協会(SIA)のアンケートにお答えいただいたスクールとして紹介しています。

《ダボススノースクール》

東京から日帰りレッスンも可能

子供がもつポテンシャルは、無限大です。その能力を最大限引き出し、楽しみながら大切に育てるレッスンをモットーとしているスクールです。 そのために、個人レッスンを重視して、一人ひとりに最適なカリキュラムが組まれます。

©️ダボススノースクール

会場は菅平高原スキー場の裏ダボスゲ レンデ。このスキー場は東京から近く、関東圏なら日帰りでレッスンを受けることが可能です。雪質が良く、広くて起伏のない緩斜面と林間コースは初心者にうってつけ。その後の上達度合いに応じたバリエーション豊かなゲレンデが周辺に展開しているのも菅平の特徴です。

スキー場|菅平高原スキー場

オフィシャルサイト
※日本プロスキー教師協会(SIA)のアンケートにお答えいただいたスクールとして紹介しています。

《ブルー&スノースキースクール》

奥信濃のダイナミックなゲレンデで楽しみながら学ぶ

©️ブルー&スノースキースクール

良質な雪質と民宿が充実していることで知られる戸狩温泉スキー場。この広いゲレンデで、のびのびとスキーを学べます。年齢やレベルの制限は特になく、初めての子でも安心です。申し込みは、事前予約が確実です。

申し込み先|03-5430-5377
オフィシャルサイト
※日本プロスキー教師協会(SIA)のアンケートにお答えいただいたスクールとして紹介しています。

《富士見高原スキー場》

ハンディキャップのある方も楽しめる
ユニバーサルなスキー場

このスキー場なら障がいのある方でも大丈夫。研修を受けた公認パイロットがインストラクターとして付き添うので、安心してスキーを楽しめます。

デュアルスキー ©️富士見高原リゾート

ここで楽しめるスキーはデュアルスキーとバイスキー。ディュアルスキーはサスペンションがついていて乗り心地が良く、乗り手は操作せずにインストラクターが操作します。バイスキーはソリのように固定されていて、障がいの程度によっては、乗り手が体の傾きやアウトリガーを操作してターンをすることも可能です。
日常生活では得られないスピードを全身で感じ、障がいのある方もイキイキと思うぞんむん楽しめます。保護者の方もスキーを履いて一緒に滑ってみるのもいいでしょう。
雪の上でも使用できる特殊な車椅子「ヒッポ」を無料でレンタルすることもできます。

受け入れ対象者|障がいの種類は特に問いません。年齢は3歳くらいから受け入れています。
申し込み方法|事前に電話予約が必要(0266-66-2932)
オフィシャルサイト

この記事で紹介したスキー場の多くは事前予約制で、公式サイトの予約フォームで申し込みを受け付けています。スケジュールや持ちもの、ヘルメットの貸し出し有無など、詳細も各スキー・スノボスクールの公式サイトを確認しましょう。

文:塚田 結子・塚原 康徳

おすすめの記事

この体験をシェアする

LINE
Twitter
Facebook