new experience

【保存版】家族で見る絶景初日の出。
ロープウェイで行ける長野県のご来光スポット一覧

他では見ることのできない格別な初日の出はいかが。
山岳県長野県ならではの、ロープウェイで行く絶景初日の出スポットをご紹介します。ロープウェイやゴンドラなら家族みんなでも安心。キリリと澄んだ高山の空気の中、雲海の彼方から昇るご来光を浴びて、さあ新しい年のスタート。

更新日:2022/01/11

LINE Twitter Facebook

定員61名のロープウェイで中央アルプス千畳敷まで7分30秒©駒ヶ岳ロープウェイ

駒ヶ岳ロープウェイ(駒ヶ根市)

1月1日、2日のツアーでしか味わえない、〈千畳敷カール〉での初日の出。路線バスと駒ヶ岳ロープウェイを乗り継ぎ、木曽駒ヶ岳山頂直下の標高2,612m地点へ。気温はマイナス20度近くまでさがるので、セーターにダウンジャケットなど厚手の上着を羽織り、足元のスノーブーツで防寒対策も。ここから見る初日の出は、なんと富士山山頂部から日がのぼる「ダイヤモンド富士」。他ではみられない、新年のスタートにふさわしい景色です。ご来光を拝んだあとは、ロープウェイ千畳敷駅併設の「ホテル千畳敷」で提供されるお雑煮とホットドリンクで冷えた体を温めましょう。

息をのむ美しさ「ダイヤモンド富士」 ©駒ヶ岳ロープウェイ
振り向けば宝剣岳のモルゲンロートが美しい ©駒ヶ岳ロープウェイ
ツアーの参加人数は2日間で360名を予定 ©駒ヶ岳ロープウェイ
さっぱりと柚子のアクセントが効いたお雑煮はツアー参加者だけの特典 ©駒ヶ岳ロープウェイ

【予約方法】
 専用ホームページより予約

【料金】
 〈ご来光ツアー〉
 1月1日:大人 6,500円/小人 4,500円
 1月2日:大人 5,500円/小人 3,500円

代金に含まれるもの
路線バス往復料金、ロープウェイ往復料金、お雑煮、飲み物(※1)、ご来光特典(※2)
※1 飲み物は、甘酒またはコーヒーから選ぶことができます
※2 ご来光ツアー限定オリジナルグッズ3種とオリジナルバッグ

 〈通常営業〉
  ロープウェイ(往復):大人2,540円/小人1,260円
  バス(マイカーでの来訪者・往復):大人1,660円/小人840円

【集合時間】
 4:20~5:40
 
【営業時間 / 営業シーズン】
路線バス・ロープウェイともに通年運行
(12/4~3/31は下記、運行時刻を参照ください)

〈路線バス〉
上り始発:駒ヶ根駅発 8:00(以降、毎時00分発) 上り最終:駒ヶ根駅発 15:00
下り始発:しらび平駅発 9:10(以降、毎時10分発) 下り最終:しらび平駅発 16:10

〈ロープウェイ〉
上り始発:しらび平駅発 9:05(以降、毎時05分発) 上り最終:しらび平駅発 16:05
下り始発: 千畳敷駅 8:55(以降、毎時55分発) 下り最終:千畳敷駅 15:55

【HP】
駒ヶ岳ロープウェイ
ご来光ツアー予約フォーム

【駐車場の有無 / 駐車料金】
有(ロープウェイ乗り場の「しらび平」はマイカー規制のため「菅の台バスセンター」にて駐車し、路線バスに乗車)/ 普通自動車 800円(24時間までの料金)

【施設内食事スポットの有無】
有(ホテル千畳敷)

【おすすめポイント】
・往復のバス・ロープウェイにお雑煮とドリンク、お土産まで含まれたオールインワンのご来光ツアー
・駒ヶ根ICから乗り換えのバス停「菅の台バスセンター」まで車で約3分。アクセスの良さも特徴

ヘブンスそのはら(阿智村)

〈ヘブンスそのはら〉は、元日限定で朝6:00からゴンドラを運行。標高1,400m地点、南アルプスの稜線から昇る初日の出を望めます。例年、前日に車で約10分の昼神温泉郷に宿泊し、ご来光に備える方が多いのだとか。当日は暖かいマウンテンロッジ内からの観測も可能ですが、ゴンドラへの乗車待ち時間を考慮して上下の防寒準備は忘れずに。スキーウェアの着用が安心です。スキーヤーは、リフトを乗り継ぎ標高1,602mのゲレンデ上部まで。ご来光を見て、そのまま初滑りする贅沢な過ごし方がおすすめです。

ゴンドラ山頂駅付近から望むご来光 ©ヘブンスそのはら
初日の出を楽しめるゲレンデは、全長1,070m、中上級者向けのパノラマコース ©ヘブンスそのはら
キッズワールドには、スノーストライダーやスノーチュービングなど雪上での遊びの幅が広がるレンタル品も多数 ©ヘブンスそのはら
予約制のデイグランピングドームサイト(2棟)とログハウス(1棟)。暖房完備のプライベート空間を貸し切って、日中の滞在の拠点に ©ヘブンスそのはら
スキーレンタルの他に、スノーシューの貸し出しも(スノーシュー、スノーブーツ、ストックのセットで3,600円)。場内では、スノートレッキングも楽しめます ©ヘブンスそのはら

【予約方法】
予約不要

【各種料金】
■ゴンドラ往復 大人 2,300円/小・中学生 1,100円
■ゴンドラ・リフト1日券 大人4,200円/小・中学生 2,400円
■キッズワールド入場料 500円(歩ける子どもから)
 ※キッズワールドのみ利用の方は別途ゴンドラ往復券も必要となります。
■デイグランピングドームサイト 施設利用料 10,000円
 ※キッズワールド入場料含む
■ログハウス 施設利用料 7,000円

グランピングの予約フォームはこちら

【営業時間 / 営業シーズン】
6:00~16:30/1月1日
8:30~16:00 /12月24日(金)~2022年3月21日(日)

【HP】
https://mt-heavens.com/

【駐車場の有無 / 駐車料金】
有/無料(24時間開放・1500台)

【施設内食事スポットの有無】


【おすすめポイント】
・ファミリーに嬉しい、暖房完備の予約制貸切ドームサイトとログハウス。お弁当のオプションも(1,000円/1食、12時にお届け)。
・長野県最大級のキッズワールドを備え、そり、スノーレーサー、スノーストライダーなどが500円で借り放題。

富士見パノラマリゾート(富士見町)

〈富士見パノラマリゾート〉では、元日限定で朝5:30から8人乗り(乗車制限中6人)のゴンドラを運行(予約不要)。約15分の乗車で標高1,780m地点へ。底冷えするので、当日の服装はスキーウェア、歩きやすいスノーブーツがおすすめ。例年ご来光までは、ゴンドラ山頂駅から徒歩10分ほどの「恋人の聖地展望台」で待機する方が多いそう。トレッキング慣れしている方は、徒歩1時間ほどで入笠山山頂も。また、早朝から山頂レストランもオープン予定。力うどんや力そばなどお正月ならではのラインナップを味わえます。ゴンドラには、ペットの乗車も可能(有料)。家族揃って初日の出を拝み、新年のスタートを切りましょう。

「恋人の聖地展望台」から望む初日の出 ©富士見パノラマリゾート
8人乗りのゴンドラは、感染症対策のため6人乗りで運行中。乗車にはマスクの着用必須 ©富士見パノラマリゾート
山頂にある「レストランスピカ」。八ヶ岳のワイドビューを見ながらの食事は格別 ©富士見パノラマリゾート
人気ブランド「Salomon」「ATOMIC」全面プロデュースのレンタルスペース。高品質のウェアやスキー・スノーボートギアのレンタルが可能 ©富士見パノラマリゾート
50mのスノーエスカレーターを備え、移動がスムーズなキッズパーク。まだゲレンデに出られない子どももストレスなく遊べます ©富士見パノラマリゾート

【予約方法】
予約不要

【各種料金】
<初日の出観覧 ゴンドラ特別運行>
■1月1日のみ
■運行時間:朝5:30運行開始(通常は8:30)
■料金:ゴンドラ往復券 大人:1,700円/子ども:800円(未就学児無料)
※日の出時刻は6:50ころです
※山頂レストラン「スピカ」が解放されてます。
※初日の出Instagramフォトコンテストが開催されます。どなたでも参加でき、入選作品には賞品が用意されています。

<通常営業>
■ゴンドラ往復 大人 2,300円/小・中学生 1,100円
■ゴンドラ・リフト1日券 大人4,200円/小・中学生 2,400円
■キッズワールド入場料 500円(歩ける子どもから)
 ※キッズワールドのみ利用の方は別途ゴンドラ往復券も必要となります。
■デイグランピングドームサイト 施設利用料 10,000円
 ※キッズワールド入場料含む
■ログハウス 施設利用料 7,000円

グランピングの予約フォームはこちら

【営業時間 / 営業シーズン】
 8:30~16:00 ※ゴンドラ下り最終16:30
 2021年12月11日(土)~2022年4月3日(日)

【HP】
https://www.fujimipanorama.com/snow/

【駐車場の有無 / 駐車料金】
有/無料

【施設内食事スポットの有無】


【おすすめポイント】
・冬の八ヶ岳エリアは、晴天率85%を誇り、美しい初日の出を望める可能性が高い。直近11年が晴天。
・入場料(大人、子供ともに1,000円/1名)で、ソリ、トランポリンが楽しみ放題。キッズパークは無料休憩所併設で、乳幼児のいるグループも安心。

文:ナカノヒトミ

おすすめの記事

この体験をシェアする

LINE
Twitter
Facebook