雄大な景色に心震える
立山黒部アルペンルートへ

雪の大谷や黒部ダム、
北アルプスの峰々を眺めながら巡る立山黒部アルペンルート。
大自然が織りなす見事なパノラマに息をのむ
その瞬間を体験してみませんか?

さまざまな乗り物で、
世界有数の山岳ルートへ

立山黒部アルペンルートのマップ

立山黒部アルペンルートは総延長37.2km、最大高低差は1,975m、さまざまな乗り物を使いながら扇沢駅から立山駅までを行く世界有数規模の山岳ルートです。1~2時間で気楽に楽しむコースから、トレッキングや登山を楽しむコース、雲上で宿泊しながらたっぷり楽しむコースまで、体力や好みに合わせて選べるので、アルペン初級者から上級者まで楽しむことができます。
たとえば、扇沢駅から立山駅までを通り抜けるコースは、高所ならではの工夫された6つの乗り物(関電トンネル電気バス、黒部ケーブルカー、立山ロープウェイ、立山トンネルトロリーバス、立山高原バス、立山ケーブルカー)を乗り継ぎながら進み、1日かけて楽しむことができます。黒部ダム周辺をトレッキングして楽しむコースや、もう少し余裕のある方は室堂まで足を運ぶコースもあります。

駅と駅の間にロープを支える柱が1本もない立山ロープウェイ 

最大勾配31度の坂を上り下りする黒部ケーブルカー

迫力満点の黒部ダム放水は見逃せない
豪快な水しぶきに日が当たって虹が見られることも
日本一高所にある遊覧船ガルべ

アルペンルートのなかでも外せないのが黒部ダム。扇沢駅から電気バスで直行できるので、体力に自信のない方にも安心です。ダム展望台のほかに放水観覧ステージも設置され、大迫力の放水を身近に楽しむことができます(6月下旬から10月中旬まで)。また、北アルプスの壮大な景色の眺めを楽しむ遊覧船ガルべのクルーズもあり、子ども連れの家族にも人気です。

大迫力!
そそり立つ雪の壁「雪の大谷」

さらに足を伸ばして最高地点、標高2,450mの立山・室堂へ。黒部ダムからは黒部ケーブルカー、立山ロープウェイ、立山トンネルトロリーバスを乗り継いで向かうことができます。なかでも見ものは室堂ターミナル付近の大谷で見られる雪の壁「雪の大谷」。積雪が多く、除雪してできる壁の高さはなんと20m。春から初夏にだけ楽しめる季節限定のスポットです。
「立山黒部・雪の大谷フェスティバル」は4月15日(水)~6月22日(月)。雪の壁の間を歩く「雪の大谷ウォーク」、立山連峰を一望できる雪の上の遊歩道「パノラマロード ZEKKEI」など、この時季にしか体験できない楽しいイベントも見逃せません。

 

※昨今猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、 4/15~6/22開催を予定していた「雪の大谷ウォーク」は中止となりました。

 

詳しくは、「雪の大谷 特設サイト」にてご確認いただけます。

青空に白く映える雪の壁、
この見事なコントラスト

黒部ダムに行ったら
絶対食べたい、買いたい限定品 

景色に酔いしれたあとは食事やお土産選びを楽しみましょう。
黒部ダムの名物といえば、黒部ダムカレー。ダムの堰堤型に盛られたライスに遊覧船ガルべと流木に見立てたカツを乗せたグリーンカレーは、ピリッとした辛さがたまらない一品です。食後には、景色を眺めながら人気ナンバーワンの木いちごソフトを味わうのもおすすめです。

黒部ダムカレー

黒部平では安曇野産わさびを使用したコロッケ、立山・室堂では国産牛フィレ肉のステーキ、弥陀ヶ原ではホタルイカや白エビなどが入った雲海丼定食など、グルメを楽しみに巡るのも楽しそうです。

木いちごソフト

わさびコロッケ

アルペンルート内の各売店で購入できる限定商品はお土産にも最適です。とくに好評なのが立山黒部アルペンルート限定立山地ビール「星の空」。日本名水百選に選ばれた「立山玉殿(たまどの)の湧水」を使用したクラフトビールです。フルーティでまろやかなオリジナルビール、香ばしく苦さ控えめな黒ビールの2種類、旅の思い出話のお供にも良さそうです。

立山黒部アルペンルート限定

地ビール「星の空」

雲上の宿に泊まってトレッキングを楽しんだり、山岳の乗り物や遊覧船から北アルプスの絶景を望んだり。大迫力の黒部ダムや雪の壁「雪の大谷」を巡ったり。さまざまな楽しみを味わえる黒部アルペンルート。そして、ロープウェイに乗車するまでの待ち時間にスタッフがほっと笑える話をしてくれるのも楽しみのひとつです。おいしいグルメも満喫して、旅の終わりには、黒部アルペンルートの限定お土産と一緒に思い出に花を咲かせてみては。

【立山黒部アルペンルートの営業について】
2020年は4/15からとなります。

更新日:2020/05/27

周辺の観光スポット

おすすめの記事

この体験をシェアする

LINE
Twitter
Facebook