暮らすように癒す
リトリートの時間

リトリートとは、日常生活から離れ、自分自身に向き合う時間をつくり、心身の疲れを癒すこと。自然の力や心地よさを感じながら、暮らすように旅してみませんか。

本来の自分に戻る、リトリートの旅

最近、リトリートという言葉を耳にしませんか? リトリート[retreat]とは、避難・静養所・撤退・瞑想などの意味を持つ言葉です。そこから転じて、日常の忙しない暮らしから離れ、自分自身に向き合い、心を整え、リラックスするなかで本来の自分に戻っていくことをリトリートと呼んでいます。
リトリートにはヨガ、断食などさまざまな形がありますが、長野県のような自然豊かな場所への旅は日常生活から離れるという意味でも効果が大きいリトリートの形ではないでしょうか。長野県は、地域の自然を心と身体の健康づくりに役立てる「森林セラピー」発祥の地でもあります。旬のものをいただき、土地の人や文化とふれあい、自然のなかで過ごすなど、五感を刺激するさまざまな体験が待っています。温泉にゆったり浸かる時間もリトリートとしてはおすすめです。
リトリートや森林浴は、そこで過ごす時間が長いほど、ストレスや免疫機能改善の効果も長く続くと期待されています。長野県の自然のなかに身を置いて、のんびりとした滞在プランで心身と脳の緊張を緩め、リラックスした自分を取り戻しましょう。

自然の素材を楽しむしあわせ

北アルプスの麓、池田町の大峰高原にある「カミツレの宿 八寿恵荘(やすえそう)」は、2015年に日本初のビオホテルジャパン認証を取得した宿。都会で忙しく働く女性のひとり旅のほか、小さな子どもがいる家族やシニア層の夫婦など、さまざまな方がリフレッシュで訪れる、リトリートにぴったりの宿です。
建物は地元産の無垢材や漆喰などをふんだんに用いた、呼吸ができる自然派の建物。食事には、自社農園で栽培した旬の無農薬野菜を中心に、オーガニック認証を受けたものや、栽培加工履歴がわかるものだけを使っています。調味料もすべて化学調味料無添加。とはいえ禁欲的になりすぎず、オーガニックワインやビール、地元の日本酒と一緒に楽しむのもおすすめです。
敷地内の自然に触れながらのんびり散策したり、薪割りをして羽釜でかまど炊きをするといった体験も毎日開催しています。土と触れあうことで、より深く自然とつながることができるはず。ここでしか味わえない「ごちそう」を楽しみましょう。心と身体が喜ぶ料理を誰にでも食べていただけるよう、アレルギーをお持ちの方への対応も気軽に相談できます。
4万2000坪の敷地には、無農薬有機肥料で栽培する13万本のカミツレ(ジャーマンカモミール)の畑が広がります。敷地内には独自製法で抽出するカミツレエキスを製造している工場もあり、合成香料、合成着色料、鉱物油不使用のカミツレエキスを配合した、天然成分100%のスキンケアシリーズを使うことができます。消炎・保湿効果の高さで知られるカモミール。お風呂はカミツレエキスをたっぷり入れた琥珀色のお湯で、やさしい香りに包まれて心も身体も芯からほぐれます。
昔ながらの和綿の布団や寝具に、オーガニックコットンのタオル。身体にも環境にもやさしいオーガニックな心地よさに包まれながら夜は更けていきます。

自社農園で愛情たっぷりに育てられた無農薬野菜を中心に、心と身体においしく、誰もが安心して食べられる食事を提供

いまこの時間を大切に
なにもしない贅沢が味わえる宿

長野県内にはほかにも、なにもしない贅沢な時間を過ごすことができる宿があります。たとえば扉温泉明神館。人里離れた八ヶ岳中信高原国定公園に立つ一軒宿です。地元の契約農家らから仕入れるこだわりの素材を使った料理に行き届いた施設、薄川のせせらぎを望む温泉と、特別な時間が待っています。
白馬リゾートホテルラネージュ東館は、まるでシャトーのような瀟洒なオーベルジュ。フランス3つ星レストランで腕をふるったシェフの料理と、全国でも屈指のソムリエが厳選した国産ワインが楽しめます。ホスピタリティあふれるスタッフとのふれあいも心地よいオーベルジュです。
仙仁温泉岩の湯は予約の取れないほどの人気の一軒宿。せせらぎの音が聞こえる書斎やティールームで読書をしたり、近隣の里山を歩いたりと、心静かな時間を過ごせます。
昼神温泉に位置する石苔亭いしだは良質な温泉と、地元食材を使う料理が特徴。とりわけ小鉢がずらりと並ぶ朝食は圧巻です。
星野リゾートが運営する星のや軽井沢は、まさに敷地内で暮らすように過ごすことをコンセプトにした宿。時間と予算が許すかぎり長期滞在したい場所です。いずれも長野県で一度は泊まりたい宿でもあります。

扉温泉明神館の立ち湯「雪月花」。立った姿勢で腰上まで浸かる浴槽で、循環器を整えるほか、血行が良くなるといわれています。泉質は、美肌の湯のアルカリ単純泉

ありのままの自分に戻る
長野県でリトリートの旅を

テレビやデジタル機器から距離をとって読書に耽ったり、出会った人や宿のスタッフとの何気ない会話を楽しんだりできるのも、観光中心ではない旅の魅力です。
人との出会いにエネルギーをもらい、地元の人のやさしさや思いやりに笑顔がこぼれる、それはまるで暮らしているような体験です。
日々の疲れを癒し、よりリフレッシュしたい方は、リトリートの旅でなんにもしない時間を味わいましょう。森林浴で呼吸を深める。薪ストーブやかまどの火を眺める。テラスで瞑想する──。自然と一体となり、ありのままの自分に向きあえる、そんな癒しの旅を、長野県で体験してください。

ハンモックやベッドで景色を眺めたり、お昼寝したり…。いまの自分を慈しみましょう

訪れたいリトリートにおすすめの宿

おすすめの記事

この体験をシェアする

LINE
Twitter
Facebook