志賀高原石の湯のゲンジボタル

更新日:2020/07/17

MAP ホームページ
1
1

ゲンジボタルは日本にしか生息しない大型のホタルで、幼虫時代を水中で過ごす世界的に見て大変珍しい生態をもつホタルです。現在では、すっかり志賀高原の夏の夜の風物詩となった石の湯ゲンジボタル。石の湯の岩倉沢川は日本一標高の高いゲンジボタル発生の地として知られています。(標高1650m)
 平成20年3月にはその特性が認められ、志賀高原石の湯のゲンジボタルは国の天然記念物に指定されました。水と緑ときれいな空気。そんな志賀高原の大自然の中、満点の星空の下、幻想的な光が観察できます。

所在地 山ノ内町志賀高原石の湯 MAP
TEL 0269-34-2404
FAX 0269-34-2344
URL https://www.shigakogen.gr.jp/news/entry-400.html
日本一ずくめの石の湯のゲンジボタルの特徴は? ・発生地の標高が日本一。
・成虫の発生期間が日本一。
・幼虫の上陸期間が日本一。
・成虫の寿命が長い。
・明滅周期が長い。
写真撮影のルール 【写真撮影可能期間】
◇2020年8月1日(土)~8月30日(日)
【写真撮影可能時間】
◇上記期間内20:30以降
【写真撮影時のルール】
1.観賞者の通行に支障とならない箇所で行うこと
2.刈り払い(整備)のされていない箇所への立ち入りは禁止
3.橋の上及び橋の前後1m以内は撮影禁止
4.光を発する撮影は禁止(フラッシュ・ディスプレイの発光)
5.撮影機材からは離れないこと
6.ドローン及び自撮り棒の使用は禁止
7.その他不適切と思われる行動は禁止
8.周囲の安全には十分に注意すること
9.マナーを守り、お互い気持ちよく利用できるよう心掛けること
※万一の事故、機材の盗難・紛失、現地トラブルについて、志賀高原ゲンジボタル公園整備委員会では一切の責任を負えません。
※来年度以降の実施については、今年の結果を踏まえて検討する予定です。

アクセス・パーキング

アクセス

信州中野ICから 33km 50分
長野電鉄長野線 「湯田中」駅下車 バス、「平床(ひらとこ)」下車40分 20分

パーキング 普通車30台
  

山と川

星空

自然観察

明かり・光

_星空

_川

_山

この観光スポットをシェアする

LINE
Twitter
Facebook