高烏谷(たかずや)神社

更新日:2021/03/05

MAP
高烏谷神社社叢1

高烏谷神社社叢

1
高烏谷神社1

高烏谷神社

覆屋のなかの社殿1

覆屋のなかの社殿

  • 高烏谷神社社叢
  • 高烏谷神社
  • 覆屋のなかの社殿

境内の面積は11,539㎡で、社叢全域がよく育った針葉樹の老大木で埋め尽くされている。樹種は、樹齢300年を超えるものも含むアカマツが全体の役3割を占める。特に参道に並びしげるアカマツは老松の特性を発揮し美しい。社叢は県の天然記念物に指定されている。
現社殿は、文政12年(1829年)に造営された。覆屋の中に建つ社殿は、杮葺き、一間社隅木入春日造、軒唐破風付で、各所に大きな彫刻が施されている。立川和四郎二代富昌が建立したケヤキ材の白木造りに見事な彫刻が施されています。駒ヶ根市の有形文化財。また、トレッキングコースとして訪れる人も多く、神社より遊歩道に入り、登り片道1時間30分で1,331メートルの山頂からのの眺望が楽しめます。

所在地 駒ヶ根市東伊那火山 MAP
TEL 0265-81-7700 駒ヶ根市観光案内所
FAX 0265-81-7755 駒ヶ根市観光案内所
MAIL info@kankou-komagane.com

アクセス・パーキング

アクセス

【自家用車の場合】中央道駒ヶ根ICから 11km 約25分

【電車の場合】JR飯田線 駒ヶ根駅下車 タクシー 約20分

パーキング 普通車20台
  

寺・神社

山と川

自然観察

絶景

登山・トレッキング

夏のアクティビティ

_寺・神社

_トレッキング

この観光スポットをシェアする

LINE
Twitter
Facebook