道の駅 日義木曽駒高原

MAP ホームページ
1
1
1
1
1

「木曽の風 笑顔で包み ありがとう」中仙道中間の地で、雄大な木曽駒ケ岳と一緒にお待ちしております。

国道19号線木曽町日義にある「エコファーマーと6次産業化の道の駅」です。人気の当駅直売所には「木曽川のきれいな水を守る農業」を実践する大勢の「木曽駒高原エコファーマー(環境にやさしい有機、減農薬農業)部会員」が育てた新鮮で安心な地元産の野菜はじめ、旬の山菜や松茸・山きのこ類が豊富に並びます。館内売店にも地酒、銘菓、工芸品等々の地場産品が多く、木曽路の土産処として親しまれています。6次産業化のオリジナル開発商品、木曽そば粉100%本生「権兵衛そば」「木曽牛カレー」すんき商品(カレー・豚丼の素・ドレッシングほか)や冬の自家製「すんき(木曽伝統の乳酸発酵食品)」「赤かぶ漬け」等の漬物類は特に人気の高い商品です。
「すんき」(木曽独特の無塩の植物性乳酸菌発酵による漬物)は、長野県味の文化財、インターナショナルスローフード協会「味の箱舟」に認定された木曽の伝統食。抗アレルギー・ピロリ菌抑制作用にも効果がある健康食品としても注目され始め人気急上昇中です。冬季限定の道の駅特製「すんき」が大好評ですが、熱を加えても成分効用が残る乳酸菌の特性とまろやかな酸味を活かしたすんき製品(カレー・ドレッシング・粥)を独自開発。当駅と運営するウェブサイト「木曽ショップ」で限定発売中です。夏の木曽駒高原名物はジャンボとうもろこし「優作」(約25㎝のビッグサイズ)。甘く柔らかく美味しいことで広く知られ。全国から宅配注文が急増中です。

所在地 木曽町日義4730-3 MAP
TEL 0264-23-3644
FAX 0264-23-3645
MAIL st-kisokoma@kisoji.com
URL http://www.michinoeki-kisokoma.jp
営業時間 売店830~1730(夏の繁忙期800~1800) 食堂930~1600
休業日 4~12月は定休日なし、冬期(1~3月)火曜定休 ※正月休み 元旦~3日

アクセス・パーキング

アクセス

中央道中津川ICから塩尻方面へ国道19号経由、約1時間20分。中央道伊那ICから国道361号(権兵衛トンネル・国道19号線経由)中津川方面へ約30分。長野自動車道塩尻ICから中津川方面へ国道19号経由、約50分。

パーキング 普通車72台 身障者用2台 大型車7台
  

土産店

この観光スポットをシェアする

LINE
Twitter
Facebook