【長野県】この冬注目!
新規オープン観光スポット

空気が澄んで白銀の世界となる長野県の冬。冬だからこそ楽しめるアクティビティや絶景が長野県にはたくさんあります。そこで今回は、長野県内でこの冬NEWオープンする注目の観光スポットを一挙にご紹介します。どれも長野県の冬を満喫できるものばかりでおすすめです。

更新日:2020/12/23

LINE Twitter Facebook

スキーやスノーボードなしでも楽しめる“雪遊び体験”
REWILD NINJA SNOW HIGHLAND(リワイルド ニンジャ スノー ハイランド)

須坂市

ゲレンデでスキーやスノーボード以外の楽しみ方もできる、NINJA(忍者)をコンセプトにした“雪山エンターテイメント”施設。スキーやスノーボードをしない人でも楽しめるコンテンツが豊富に用意されています。

 
 

<体験できるアクティビティ(一部)>
・バギーバンジー
パチンコのようにバギーで横にゴムをのばして一気に解き放つ、横に飛ぶバンジージャンプ
・エアージャンプ
安全装置(ハーネス)を着用して急斜面から飛び出すスキージャンプ。上空のケーブルとハーネスが繋がり地面に落ちることはないためジャンプ未経験者でも体験できます。
・パノラマロングブランコ
通常のブランコの約4倍の長さがあるプランコ。北アルプスが一望できるパノラマビューが体験できます。
・アイスクライミング

 

的をめがけて雪玉を投げ入れる「ストラックニンジャウト」や自分自身がカーリングのストーンになって滑り降りる「人間カーリング」など子供が楽しめるコンテンツも豊富です。
もちろん通常のスキー場と同じように、スキーやスノーボードも楽しめ、初級から上級向けまで8つのコースが用意されています。

料金
リフトチケット:大人1日券3900円 ※アクティビティ体験は別途費用が必要
場所
長野県須坂市大字仁礼字峰の原3153-50
REWILD NINJA SNOW HIGHLANDの情報はコチラ

日本百名山・車山山頂から絶景を堪能
SKY TERRACE(スカイテラス)

茅野市

霧ヶ峰の主峰となる車山の山頂に完成した展望デッキ。北側からは霧ヶ峰全体が見渡せ、南側からは八ヶ岳の山々や南アルプス、富士山など、360度のパノラマビューを楽しめる景観スポットです。条件が整えば雲海も眺めることも。

 

SKY TERRACEまでは、山麓から約15分リフトを乗り継ぐと到着します。バリアフリー化され、車いすでもアクセスが可能です(車いす利用は要予約)。
今後は、テラスで音楽イベントや星空観測ツアーなどのイベントも予定されています。

 

料金
リフト:山頂往復券1700円(大人)
場所
長野県茅野市北山3413
SKY TERRACEの情報はコチラ

18年ぶりのゴンドラ新設で利便性向上
蓮池-ジャイアントスキー場間の「志賀高原リゾートゴンドラ」

山ノ内町

2011年の蓮池ロープウェイの廃止以来、蓮池・山の駅エリアはスキー場の出入り口機能が失われていましたが、新ゴンドラ新設により、志賀高原中央エリアのハブ機能が復活しました。
蓮池・山の駅エリアには約500台収容可能な駐車場があり、志賀高原中央エリアでは最大級のキャパシティを有します。蓮池・丸池エリアから東館山、西館山エリアへの導線が改善され、宿泊客だけでなく日帰りスキーヤーの利便性が向上しました。
スキー場では国内初導入の3連結パルスゴンドラを採用(8人/1台)し、蓮池・山の駅エリアからジャイアントスキー場エリアまで約2分で到着します。

 

ゴンドラ新設に併せ、山の駅内の施設も拡充されています。新たにレンタルショップ、ロッカールーム、チケット売り場の3機能を備えたスペースが改修・拡充され、売店や飲食店とともにスキーに必要な準備がワンストップで整います。

 

料金
リフト:1日券5000円(大人・3/31までの料金)※志賀高原中央エリア13スキー場全てのリフトに乗車可
場所
長野県下高井郡山ノ内町平穏 大字平穏7148
志賀高原リゾートゴンドラの情報はコチラ
 

町の特産を使用したメニューが特徴
山ノ内大勝軒

山ノ内町

大勝軒は山ノ内町出身の故・山岸一雄氏が考案したつけ麺で知られています。弟子の一人として『お茶の水、大勝軒」、『大塚大勝軒』、『大勝軒next 勝浦店』等を経営する田内川真介氏がオープンしました。田内川氏は、町の魅力を発信する「つなぎびと」に任命されています。

 

つけ麺発祥の店として伝統の味を継承するとともに、山ノ内町の特色を生かしたメニューが特徴。志賀高原の山々からろ過された湧水を使用し、スープには山ノ内産のリンゴと志賀高原みそを加えてやさしい味に仕上げています。長野県特産のきのこや「八幡屋磯五郎」の一味など“信州ならでは”の材料が使われています。

 

場所
下高井郡山ノ内町平穏7149一の瀬ファミリースキー場 第3クワッドリフト乗り場無料休憩所内
営業期間
2021年5月5日まで(予定)
営業時間
11:00~18:00 ※金・土・祝前日は11:00~22:00
定休日
無休(※4月、5月は休みあり)

最新鋭換気機能を搭載
野沢温泉スキー場「新長坂ゴンドラリフト」

野沢温泉村

新長坂ゴンドラリフトは、山麓の長坂エリアからやまびこエリアまで約8分で輸送できます。湯の峰駅を経由して運行していた旧路線に比べ、新路線は直線ルートになったことで大幅に搭乗時間が短縮されました。
ゴンドラ自体には最新鋭の機能が搭載され、自動換気システムの構造によって、外の新鮮な空気をキャビン内に自動で取り込み窓から排出され、短時間で空気の入れ替えを可能にしています。シートにはクッション性の高いレザーシートを備え、快適性・静粛性も整っています。

 

野沢温泉スキー場の玄関口ともいえる長坂ゲレンデのセンターハウスもフルリニューアルしました。インフォメーションカウンターや待ち合わせ・休憩スペース、荷物預所、ロッカー、レンタル、ショップなどあらゆるサービスを提供しています。

 

料金
長坂ゴンドラリフト搭乗券(1回):2500円(大人)
場所
長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷7653
新長坂ゴンドラリフトの情報はコチラ

標高1289mの雪山で気軽に雪遊びや観光を満喫
スノーアウトドアエリア「IWATAKE WHITE PARK(イワタケホワイトパーク)」

白馬村

IWATAKE WHITE PARKは、岩岳山頂に完成したスノーアウトドアエリアで、ウィンタースポーツをしない人でも雪山で気軽に観光を楽しめる空間になっています。
「リラックス&フォトジェニック・ゾーン」「プレイング・ゾーン」「ペット・ゾーン」の3ゾーンを展開。リラックス&フォトジェニック・ゾーンでは、かまくらやドームテント、アイステーブルなどが設置され、暖をとりながら談笑や飲食が可能です。
降り積もった雪の上に、大の字で思いきりダイブしてつくる「スノーエンジェル」や人型に雪をくりぬいた壁に収まると、まるで雪壁と一体になっているような写真が撮影できる「スノーウォール」なども設置されます。

 

さらに、これまで山麓エリアにしかなかったキッズ&初心者ゲレンデが山頂エリアに誕生し、周囲のスキーヤーやスノーボーダーを気にせずに楽しめます。グリーンシーズン限定だった愛犬とのゴンドラ乗車も可能となり、ドッグランや雪上を散策できるコースなども設置されています。
北アルプスを一望できる絶景テラス「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」は、ニューヨーク発祥の人気ベーカリー「THE CITY BAKERY」を併設しており、限定メニューやホットチョコレートを始めとした温まるスープやドリンクでくつろぎタイムを提供しています。

 

料金
ゴンドラリフト往復券:2100円(大人)
場所
長野県北安曇郡白馬村北城12056
IWATAKE WHITE PARKの情報はコチラ

まとめ

冬ならではのアクティビティが豊富な長野県。今回は、この冬に新オープンした観光スポットを6カ所紹介しました。どれも注目度が高い観光スポットばかり。長野県へのお出かけの参考にしてみてください。



※記事内の情報・画像は全てプレスリリース資料より抜粋
※オープン日やコンテンツの内容等は変更になる場合があります。詳細は各施設へお問い合わせください。
 

おすすめの記事

この体験をシェアする

LINE
Twitter
Facebook