この冬話題の新スポット!
ドーム型「かまくらレストラン」でフォトジェニックなあったか体験

北信濃エリア 山ノ内町

この冬「竜王スキーパーク」に誕生したドーム型「かまくらレストラン」で、幻想的な雪景色の中、コタツに入りながら、あたたかい食事を味わう冬限定の特別な体験を楽しもう。

子どもの頃、大雪が降ると「かまくらを作って、その中でコタツに入りたいなぁ」なんて夢を思い描いたことはありませんか。そんな子ども心をくすぐる日本の雪遊びを、現代風にアレンジしたドーム型「かまくらレストラン」で味わえる新スポット「KAMAKURA POT dining(かまくらポットダイニング)」が、2019年12月21日から3月21日の3ヶ月限定でオープン!

 

場所は、雲海を望む絶景のビューポイント「SORA terrace(ソラテラス)」で話題の北志賀高原「竜王スキーパーク」。アニメの舞台にもなった湯田中渋温泉郷や外国人観光客に大人気の地獄谷野猿公苑(スノーモンキーパーク)からほど近くのゲレンデです。

日本有数の人気フォトスポット、雲海の絶景を望む「SORA terrace」

冬になると一面に銀世界が広がるこのエリアで満喫する、日本の風物詩「コタツ」と「雪だるまや動物をかたどった『オリジナルデコ鍋』」は、楽しさがいっぱい。子どもやカップルで鍋を囲む時間は、フォトジェニックで心も身体もあたたまること間違いなしです。スキーヤーやスノーボーダーだけでなく、あたたかい場所で雪景色を楽しんでみたい子ども連れやカップルにもおすすめ!ということで、この新スポットをいち早く体験してきました。

寒い冬には鍋!ここだけで味わえるかわいい「デコ鍋」でぽかぽか

広くておしゃれにくつろげる
ドーム型「かまくらレストラン」

大きさは直径約5m、高さは3mほど。空間はラグジュアリーな雰囲気

さて、「KAMAKURA POT dining」へ。「竜王スキーパーク」入り口にあるバスインフォメーションセンター横の動く歩道を2本乗り継いだ先へ行くと、ソリやチュービングなどが楽しめる「アドベンチャーパーク」と隣り合うエリアに5基の巨大なドーム型「かまくらレストラン」が現れます。それだけで、思わず写真を撮りたくなるインパクト! さらに夜は、それぞれの「かまくらレストラン」に灯されたほのかな明かりと、エリア中央の焚き火が、高原の風景を一層幻想的に彩ります。

 

ちなみに、ドーム型「かまくらレストラン」1基あたりのサイズは約20平方メートル。最大12名でふたつのコタツを囲める空間では、広々くつろぐことができます。2名からの利用が可能で、貸切で楽しみたいグループは6名ひと組みから予約ができます。
白を基調にしたドームが並ぶ中、ひとつだけ大人なムーディーカラーの「かまくらレストラン」もあるので、お見逃しなく。

 

暖かい室内から雪景色が楽しめるのも魅力

さて、気になるのが、かまくら内部のあたたかさ。コタツで暖がとれるのはもちろんですが、テントの断熱効果が高く、暖房器具も設置されているので、裸足でもぽっかぽか。見た目には人気のグランピングの様相ですが、スキー場でコタツを楽しめるドーム型かまくらの常設は、日本初だそう。さらに、ドームの一部は半透明になっているので、室内でぬくぬくしながら、外の雪景色を眺めることができます。友だち家族と貸し切って、食前・食後に小さな子どもたちが「アドベンチャーパーク」で遊んでいる様子を見守りながら、ゆっくり食事を堪能してみては。

一部が半透明になっているので、外の眺望も楽しめる

なお、靴はスノーブーツがおすすめですが、スキー場内でレンタルも可能。また「KAMAKURA POT dining」受付時に靴用ビニールカバーも用意しています。そのほかにも「かまくらレストラン」の中で、自撮りを楽しめる「女優ライト」もセッティングされています。お気に入りを写真や動画に撮って、グループやソロで楽しみましょう。

顔を明るく照らして自撮りができる女優ライトも常設

フォトジェニックで味わい深い料理に舌鼓

雪原にリビングがあるような開放感が味わえるドーム型「かまくらレストラン」は格別。そして何よりあたたかな食事もセットなのが、嬉しいポイントです。「オリジナル鍋セット」は、かわいい見た目のデコレーション鍋“デコ鍋”で、写真を撮らずにはいられないビジュアル。ミルフィーユ鍋をベースに、「雪だるまのデコ鍋」や「クリスマスツリー風のデコ鍋」を堪能することができ、季節ごとの具材や雰囲気を楽しめます。スープは3種類あり、受付時にセレクト。見た目だけでなくお腹がしっかり満たされるボリューム感も魅力。ほかに、フライドポテトやペペロンチーノ風枝豆など、サイドメニューのおつまみも充実しています。

志賀高原エリアのアイコンとも言える
スノーモンキーパークのサルを、モチーフにしたデコ鍋も

ワインやビールを堪能するのも至福のひととき

ドリンクにはソフトドリンクはもちろん、熱燗やホットワイン、ビールなどアルコール類も充実。誕生日会や女子会、忘新年会やプチ宴会など、少人数のパーティーにもぴったり。予約時には、誕生日ケーキの注文をして、家族や友だちとハッピーなひとときを楽しみましょう。

クラッカーにのせてチョコレートをトッピングすれば、「スモア」のできあがり

さらに、雪原で焚き火を囲み、キャンパーたちの人気デザート「スモア」にもトライできます。このほか、サイドメニューの焼きいもを、焚き火で焼いてほくほくに。静かな焚き火を囲み、家族や仲間と一緒に語り合いつつ、デザートを楽しむひとときは、最高の思い出になること間違いなし。焚き火にあたりながら星空観賞も楽しめます。

焚き火でほくほくのやきいもを

ぽかぽかのコタツに入りながら、かわいい「デコ鍋」を囲み、雪景色を堪能できる「かまくらレストラン」で、家族や友人との特別な思い出写真を撮りに行きませんか?

まとめ

・ぽかぽかのコタツで、雪景色とあたたかい鍋を堪能
・かわいい「デコ鍋」で、心も身体もほんわかに
・ラグジュアリーな空間でまったり
・「女優ライト」で、フォトジェニックなワンシーンを演出
・ソフトドリンクやアルコールも充実
・雪原の焚き火を囲んで、「スモア」と「焼きいも」を満喫

更新日:2020/03/30

ツアーガイドおススメポイント

現代風にアレンジしたかまくらで幻想的な雪景色を楽しみながら暖かいコタツに入って気軽に食事を味わっていただけ、SNSで発信したくなるような魅力が溢れています。スキーヤーやスノーボーダーだけでなく、湯田中渋温泉郷やスノーモンキーパークに訪れた国内外のお客様にも新たな雪体験コンテンツとしてご利用いただけます。女子会やご家族でのご利用、各種歓送迎会などにもおすすめです。

一般社団法人 長野県観光機構

ツアー参加者の感想

現代風にアレンジしたかまくらってどうなのかな、と正直思っていましたが、予想以上に広くてあたたかく快適で、おしゃれな雰囲気にも大満足。鍋料理もかわいく、自分で焼いて楽しむ焼きいもやマシュマロも楽しめて、SNSで発信したくなる魅力に溢れていました。さらに焚き火の火を見ているだけで癒される特別なひとときを、今度は会社の同期を誘って楽しんでみたいです。

KAMAKURA POT dining

開催時期 2019年12月21日(土)~2020年3月21日(土)※雪の状況により変更あり
時間 ランチ営業第1部11:30~13:00・第2部12:30~14:00、ディナー営業第1部17:00~18:30・第2部19:00~20:30
予約 株式会社北志賀竜王(竜王スキーパーク)
料金 ランチ大人3,000円・小学生以下2,000円/人、ディナ―大人4,000円・小学生以下2,500円/人(利用料+鍋+デザート+1ドリンク付き)※追加サイドメニュー、ドリンク(アルコール含む)あり
TEL 0269-33-7131

 

場所

竜王スキーパーク

長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700MAP

この体験・遊びをシェアする

LINE
Twitter
Facebook